ついにJOYFITの登録店舗が変わった

JOYFITにはどこでもJOYと言って、入会店舗(登録店舗)以外でも施設を利用できるサービスがあります。

ぼくは、自宅近辺だったり、通勤経路だったりで複数の店舗を利用していました。

これによると、JOYFITは店舗ごとに月額が異なるので、月額が安い店舗で登録して他の店舗に通うということができてしまうのですが、その場合は「移籍」が発生します。

これは、登録店舗以外の利用が多いとそちらに登録店舗を変更されるシステムです。これにより、多く通う店舗の月額が課金されるわけです。

ただ、この「移籍」制度明確な運用がないのか、スタッフさんに聞いても移籍のタイミングはわからないといった感じでした。

思うに、直営とFCの店舗比率はわからないが、JOYFITはフランチャイズで展開しているので、この直営⇔FCをまたぐ移籍が社内手続きが面倒なのではないだろうか、と経理は推測します。

たぶん、直営店舗同士とか同じFC内での移籍だと、課金する月額の変更だけでいいのだけれど、法人をまたぐ移籍に関しては、決済代行会社に対して支払法人が変わること、すなわち契約主体の変更と債権者の変更を支持しないといけないので、手続き的に時間がかかるのだろう。

会員としては勝手に契約主体(と月額)を変えられてはたまったものではないので、明確に移籍が妥当となるタイミングと事前の通知をてっていしてるから、時間がかかったのだろう。

僕の場合は、最初の登録店舗(A店舗)から今の登録店舗(B店舗)に移籍になるまで、約1年弱かかりました。

どちらも半々で利用していたとかではなく、B店舗”のみ”に10か月くらい通っていたら移籍の通知はがきがしました。

ジム運営はガチ勢に注意!

最寄りの登録店に一切通わなくなった理由は、ずばりジムガチ勢です。

ガチ勢の音・声、器具の独占が嫌だったので、より快適に体を動かせるジムに切り替えました。ひどいとスマホ通話とかしてましたからね。

この店舗最近大幅な月額値下げがあったので、きっと、当初の月額では通いたくないと思う人が僕以外にもいたんだと思う。

スタッフは事務室に引きこもっていないでフロアの管理も心掛けてほしいものです。


では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です