マッチングアプリで本職とマッチング!?

こんにちは。

夏真っ盛り、コロナ禍のリモート勤務とオリンピック期間でお休みの増えたみなさん(?)いかがおすごしでしょうか。

僕は暇な夏を乗り切るために、マッチングアプリにいそしんでおります。(もちろん有料会員)

さてそんな中マッチングアプリでマッチした方からP活の営業をかけられいるのですが、その中に明らかに風俗の営業ぽいのがありまして、なるほど、そういう営業方法もあるのかと思ったので、書き記します。

出会いはマッチングアプリです。写真はマスク等で隠して目元だけ出ている感じ。あったときに違うとも同じとも判断できない感じの写りでもしかすると一般人のSNSから拝借しているのかもしれません。

皆さんプロフィールにこう書かれています。「アプリはあまりみてません。メッセはツイッターにください。」
そしてSNSのアカウントIDが記載されています。

なるほどツイッターでやり取りしたいのね、と思い、ツイッターにてマッチングアプリから来た旨を伝えると、リプライでP活の営業が来ます。これだけだと、素人の可能性もあるのですが、何人かが一様にテンプレートの返信をしてくるので、これテンプレートがあるってことは業者かなぁ?と思った次第です。

会う場所や提示金額を含んだ文面が皆さん同じなのです。
なにより、「これからも継続的に会いたいので、最初にあったときに5回分のホテル代25,000円ください」ってやつ。P活代はいらないけど、二人で会うホテル代は欲しい、そして、ヤリ逃げされないよう5回分のホテル代を先に欲しい、ってことらしいんですが、この文面かぶりますかね?
どっかのサイトにテンプレでもあるんでしょうか?

実際には会っていないので定かではないですか、たぶん、25,000円渡したらそれ以降SNSブロックされて、丸取りされそうです。

推測では、女の子個人が考えているというよりは、集客の減った風俗店が女の子に待ってる時間にマッチングアプリに登録して、集客を促しているのではないでしょうかね。

ちなみに、皆さん場所は五反田か池袋を指定されます。これはたぶん、本職の合間にマッチングアプリから集客しているからではないでしょうか?

お茶引いてる時間がもったいないですからね。

というわけでみなさんも本職の営業にかからないようにマッチングアプリを使って最高の夏にしていきましょう。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です