税理士CFOと会計士CFOのちがい

こんにちは。

今日は税理士CFOと会計士CFOに関しての私見です。

僕は、これまで、上場2社、未上場2社の4社での就業経験があり、税理士CFOと会計士CFOの下で働いたことがあります。その中で感じた両者の相違に関して述べていきます。

結論

未上場企業なら税理士CFO、上場企業(or準備企業)なら会計士CFOのほうが適任。

理由① 会計基準と内部統制の知識

上場企業は会計監査があるので、会計基準と内部統制への知識が不可欠です。一方、未上場企業の場合は、会計基準の適用なく、税務基準の決算書を作成している会社がほとんどでしょう。(おそらくは税理士さんへ依頼して。)

この点に関しては、公認会計士が専門家のため、上場企業or上場準備企業では財務のトップは会計士のほうがよいでしょう。

とくに、監査の実務経験がある会計士の場合は、上場企業の内部に入って業務プロセスを見たことがあるはずなので、自社の仕組みづくりと運用両面で非常にCFO向きです。(僕も会計士CFOの下で勉強したいです。)

理由② 税務の決算書

日本の法人税は申告納税制度なので、自分たちで税金計算をして申告する必要があります。そのため、社内に税務の専門家が責任者として在籍することは税金計算の精度に貢献するでしょう。これは、後々の税務調査の面でも有利です。

また、税務の決算書のほうが各種引当がない分、利益が出やすいと思われますので、未上場であれば、税理士CFOがよいでしょう。

もちろん会計士でも未上場企業のCFOは務まりますが、知識余りになる可能性があります。

まとめ

税理士であれ、会計士であれ、不正確な決算書でよいというCFOはいません。ただ、目指す決算書により向き不向きがあるようです。

また、税理士であれ会計士であれCFOである以上は預金残高とCFを注視し、事業の将来に関しての正確な見通しが必要です。

これを軸に、調達、投資、資金繰りをハンドリングするのがよいCFOのようです。

CFOへのキャリアチェンジはこちら

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です