楽天カードの増額申請断られました。

お久しぶりです。
楽天カードの利用枠の増額申請をしたけど審査落ちしました。

昨年から投資の勉強もかねて、つみたてNISAを始めていて、楽天カードは楽天カードから積み立てるとその積立にもポイントがたまるので、つみたてNISAと日常利用でメインカードにしようかなと計画しました。

ところが、今は、利用限度額が最低の10万円で、日常利用には十分なのですが、つみたてNISAもするとなると利用枠が足りません。

楽天カードを利用した投資信託の積立は月5万円が限度なので、積立に全額振り分けると日常利用枠がなくなってしまいます。(今は、月2万くらいを楽天カード積立にしています。)

そこで利用枠20万で申請したのですが落ちました。新しく発行してから1年遅延は1度もないのですが、さすがに渋いですね。。

楽天カード利用可能枠変更
楽天カード利用可能枠変更

ショッピング枠が「お申込できません」になっていますね。これで半年は増枠申請できないようです。

楽天カードで楽天証券の投資信託を積立って楽天経済圏に結構貢献できるんですが、だめですか。笑

来年からは投資信託やめて米国株ETFに資金を入れていく予定なので、今年積立に楽天カード使えないとなるといよいよ縁がなくなるなぁ、という感じです。

 楽天カード再申請タイミング待ちの方は他の年会費無料のカードをどうぞ。

年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

ついにJOYFITの登録店舗が変わった

JOYFITにはどこでもJOYと言って、入会店舗(登録店舗)以外でも施設を利用できるサービスがあります。

ぼくは、自宅近辺だったり、通勤経路だったりで複数の店舗を利用していました。

これによると、JOYFITは店舗ごとに月額が異なるので、月額が安い店舗で登録して他の店舗に通うということができてしまうのですが、その場合は「移籍」が発生します。

これは、登録店舗以外の利用が多いとそちらに登録店舗を変更されるシステムです。これにより、多く通う店舗の月額が課金されるわけです。

ただ、この「移籍」制度明確な運用がないのか、スタッフさんに聞いても移籍のタイミングはわからないといった感じでした。

思うに、直営とFCの店舗比率はわからないが、JOYFITはフランチャイズで展開しているので、この直営⇔FCをまたぐ移籍が社内手続きが面倒なのではないだろうか、と経理は推測します。

たぶん、直営店舗同士とか同じFC内での移籍だと、課金する月額の変更だけでいいのだけれど、法人をまたぐ移籍に関しては、決済代行会社に対して支払法人が変わること、すなわち契約主体の変更と債権者の変更を支持しないといけないので、手続き的に時間がかかるのだろう。

会員としては勝手に契約主体(と月額)を変えられてはたまったものではないので、明確に移籍が妥当となるタイミングと事前の通知をてっていしてるから、時間がかかったのだろう。

僕の場合は、最初の登録店舗(A店舗)から今の登録店舗(B店舗)に移籍になるまで、約1年弱かかりました。

どちらも半々で利用していたとかではなく、B店舗”のみ”に10か月くらい通っていたら移籍の通知はがきがしました。

ジム運営はガチ勢に注意!

最寄りの登録店に一切通わなくなった理由は、ずばりジムガチ勢です。

ガチ勢の音・声、器具の独占が嫌だったので、より快適に体を動かせるジムに切り替えました。ひどいとスマホ通話とかしてましたからね。

この店舗最近大幅な月額値下げがあったので、きっと、当初の月額では通いたくないと思う人が僕以外にもいたんだと思う。

スタッフは事務室に引きこもっていないでフロアの管理も心掛けてほしいものです。


では。

 

マカロンのサブスクを終えて

ダロワイヨのマカロンのサブスクをやってみたので報告

マカロンのサブスクのルール

1,000円(税込)支払うと1か月間、毎日1個マカロンをもらえるルールです。

1日1個までで、ある日に貰いそびれて、翌日に2個もらうとかはできないです。

たぶん1個200円くらいなので、6日以上通えば(6個以上受け取れば)元は取れるでしょう。

味は基本どれでもいいけど、一部選べないものがあるみたい。

支払いをすると「My Maca(マイ・マカ)」メンバーズカードをもらえて1個もらうごとに1個ハンコが押されます。

マイマカ
マイマカ

31日中取りこぼしたのは3回だけなので、かなり優秀ではないでしょうか?笑 最寄り駅に店舗があるので、会社帰りと土日は外出の帰りに受け取ってました。

なぜサブスクを始めたか

なぜダロワイヨがこんな儲かりそうにないサービスを始めたか推測してみる。

1.在庫処分と現金獲得

コロナ禍で客足が遠のいて、在庫を廃棄するくらいなら多少なりとも現金を稼ぎたかったのかもしれない。平日会社帰りに寄った際には僕以外にも並んでいることが多かったので、集客にはそれなりに貢献していると思われる。

2.話題になることによる広告効果

珍しいし元を取るのも楽そうなのでSNSで話題になりやすそうだから認知拡大を目的として始めたのかもしれない。実際、僕はこのサービスをSNSでみるまでマカロンのブランドなんて知らなかった。また、僕からこの話を聞いてこのサブスクに入った人もいる。

3.合わせ買いをさせるため

せっかく来店してマカロン1個もらって帰るのも忍びないので家族に土産を買って帰る人がいるかもしれない。マカロンをもらいに訪れたお客様がほかの商品も買ってくれるかもしれないという期待もあったかもしれない。ただ、僕が見る限り、マカロン貰って帰る人が大半だったようだ。(僕も含めて)

4.利益が出るため

安いから1,000円払うんだけど、意外ともらいに来ない人がいるのかもしれない。毎日もらえるとしてもたまにしか来ないお客様がいれば、結局利益ができるのかもしれない。僕みたいにほぼ皆勤なのはまれで、週に1回とかしか貰いに来ない人がいたら、その人は4~5個のマカロンに1,000円支払っていることになるので、利益が出るのかもしれない。

月会費1万円払ってジム通ってない人結構いるでしょ?

マカロンのサブスクのダメな点

1.飽きる

貧乏根性でできるだけもらってやろうと思ったのが悪かったのか、飽きちゃいました。マカロンは手土産でもらってたまに食べるのが最適なのだ。

2.申し訳ない

毎日マカロンをもらって帰るだけの客と思われているようで店員さんに申し訳なくって最後のほう目を見れなかったです。笑 心なしか店員さんもあまりうれしくなさそうでした。

3.顧客データが取れていない

スタンプ方式にしたばかりに、どういう属性の人がどのような味を好むかとかのデータが一切店側に残っていないのはちょっともったいない気がします。

総評

結局マカロン毎日食べたくないので更新はしませんでした。これ更新する人どのくらいいるんだろう。おすすめの味は、あまおうとバニラです。

次は、ふくしんの餃子のサブスクやろうかな。

 

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDレビュー

こんにちは。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド(Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD)を2019年1月~2020年9月まで利用していたけど、解約することにしたので、メリット・デメリットをレビューします。

メリット1:使いやすさ

このカードiDとQUICPayがダブル搭載されているのでコンビニなどの会計での決済がめちゃくちゃ楽です。今はやりの○○ペイはアプリを立ち上げる必要があるので面倒ですが、これはカードを財布から出す必要もなく、そのまま端末に財布ごとかざせば決済が完了します。これめちゃくちゃ楽です。(金額を自分で打つとかありえないです!) これらの電子マネーはsuicaみたいに事前にチャージするものではなく、決済されたら通常のクレジットカード利用として翌月の支払いに含まれます。

メリット2:還元率

基本還元率は1%ですが、1か月の総決済金額に対して1%です。

例えば、決済ごとに100円で1ポイントたまるカードの場合、99円の買い物を何回してもポイントはゼロです。

また、税抜金額に対してポイントがたまるカードだと、税込108円の商品だと税抜99円なのでこちらもポイントがたまりません。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは1か月の総決済に対してのポイントなので無駄がありません。

さらに、上記の電子マネー決済だとその還元率が1.5%になります(!!)

例えば、1か月の利用金額が総額10万円(うち、5万円を電子マネーで決済)の場合、電子マネー利用の5万円に1.5%のポイント、電子マネー以外の利用で1%のポイント還元があります。(合計1,250ポイント)

なので、コンビニ利用用のカードとしても満足度が高いです。

メリット3:Web明細の反映の速さ

地味にありがたいのがこれです。こまめに家計簿管理をしている身としては、カードを利用してからWeb明細の反映が早いほうが使いすぎ防止につながるのでその意味では助かります。

メリット4:海外旅行保険

海外旅行保険(傷害治療費用・疾病治療費用)が自動付帯200万円です。自動付帯というのがありがたいです。

メリット5:年会費の安さ

年会費が1,986円(税込)で安いです。年会費無料のカードも多いですが、上記の利便性と海外旅行保険自動付帯でこの値段は十分すぎる安さです。

メリット6:デザイン

シンプルな黒デザインに金色のナンバーがかっこいいです。側面まで黒く塗られているので、安っぽさはない感じです。(電子マネーかECでの利用多いので財布から出すことはあまりないですが、、)

デメリット1:オリコモールでのポイント還元の遅さ

ポイント還元は、オリコモールという提携のショップで買うとポイント還元はさらに高くなりますが、このポイントは3ヶ月くらいかかります。前述の通常利用分(電子マネー含む)ポイントは翌月には付与されますが、オリコモールけいゆうの場合の追加付与ポイントは付与が遅いです。遅すぎてちゃんと付与されているのかもわからないです。(カード利用日の記載はありますがめんどくさすぎて確認していません。)

デメリット2:マイル交換レートの悪さ

貯めたポイントは、Amazonポイント、楽天ポイント、nanacoポイントなどに交換して使えます。Amazonポイント、nanacoポイントは1ポイント⇒1ポイントで交換できますが、楽天ポイントは交換レートが悪いです。

また、マイル交換レートも悪く、

JALマイルは、1,000ポイント⇒500マイル(実質マイル還元率0.5%~0.75%)

ANAマイルは、1,000ポイント⇒600マイル(実質マイル還元率0.6%~0.9%)

です。※幅があるのは、このカードの電子マネー利用で還元率が上がるためです。(前述メリット2)

なので、マイラーには向かないカードです。

デメリット3:ポイント交換商品券の少なさと手数料

たまったポイントを他社ポイントに交換して使う人もいれば、商品券に交換して、商品券を金券ショップで売却することで現金化したい人もいるでしょう。

僕もそうです。

オリコポイントの場合、交換可能な商品券は「UCギフトカード」しかないうえに、交換手数料として500オリコポイント必要です。UCギフトカードはVJAギフトカード(全国共通商品券)よりも売却額が低いことが多いので、この点もデメリットです。

ただ、僕は交換申請をこれまで2回していますが、どちらも4日くらいで商品券が届いたので、対応は早いです。

解約理由

上記のように、年会費が安く、還元率の良いカードを手放す理由はずばりマイルです。上記のようにポイント還元率は高いですが、マイル還元率は高くはないので、マイラー向けのカードではありません。ポイント還元も突き詰めるとマイルにたどり着きますよね。

まとめ

カード利用の還元をマイルで受けたい人には向かないカードですが、飛行機を利用しない、マイルをためていない人には最もお勧めできるカードです。

 

 
マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

税理士CFOと会計士CFOのちがい

こんにちは。

今日は税理士CFOと会計士CFOに関しての私見です。

僕は、これまで、上場2社、未上場2社の4社での就業経験があり、税理士CFOと会計士CFOの下で働いたことがあります。その中で感じた両者の相違に関して述べていきます。

結論

未上場企業なら税理士CFO、上場企業(or準備企業)なら会計士CFOのほうが適任。

理由① 会計基準と内部統制の知識

上場企業は会計監査があるので、会計基準と内部統制への知識が不可欠です。一方、未上場企業の場合は、会計基準の適用なく、税務基準の決算書を作成している会社がほとんどでしょう。(おそらくは税理士さんへ依頼して。)

この点に関しては、公認会計士が専門家のため、上場企業or上場準備企業では財務のトップは会計士のほうがよいでしょう。

とくに、監査の実務経験がある会計士の場合は、上場企業の内部に入って業務プロセスを見たことがあるはずなので、自社の仕組みづくりと運用両面で非常にCFO向きです。(僕も会計士CFOの下で勉強したいです。)

理由② 税務の決算書

日本の法人税は申告納税制度なので、自分たちで税金計算をして申告する必要があります。そのため、社内に税務の専門家が責任者として在籍することは税金計算の精度に貢献するでしょう。これは、後々の税務調査の面でも有利です。

また、税務の決算書のほうが各種引当がない分、利益が出やすいと思われますので、未上場であれば、税理士CFOがよいでしょう。

もちろん会計士でも未上場企業のCFOは務まりますが、知識余りになる可能性があります。

まとめ

税理士であれ、会計士であれ、不正確な決算書でよいというCFOはいません。ただ、目指す決算書により向き不向きがあるようです。

また、税理士であれ会計士であれCFOである以上は預金残高とCFを注視し、事業の将来に関しての正確な見通しが必要です。

これを軸に、調達、投資、資金繰りをハンドリングするのがよいCFOのようです。

CFOへのキャリアチェンジはこちら

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト

楽天カード強制解約にトライした人のその後

こんばんは。

以前、楽天カード強制解約から再契約できた話という記事を書いたのですが、おかげさまでPVは好調です。それだけ強制解約された人、そして、なお再契約したいという人が多い証拠でしょう。

一方で、どうやら再契約成功している方が少ないようなので、追記いたします。

一応、上記記事にも楽天カード申込アフィリエイトのリンクがあるのですが、そのリンクからの申し込みの成約率が低いようです。(僕の収益になってないことは別に気にしていません。)

おそらく、「強制解約の場合、再契約は無理」というネット上の通説が覆ったことで、勇んで申し込んでしまった方もいるかもしれませんが、一歩とどまってまずは以下を確認してください。


1.残債はないか?

当たり前ですが、前回強制解約された時の残債(未払い)は残っていませんよね?できれば債権回収業者とかに債権譲渡されるまでに支払い切りましょう。

債権回収業者に債権譲渡後に支払っても、楽天カード内での未払い経歴は消えないものと推測します。(楽天は債権譲渡によって割引いた額を回収していると推測します。)

2.強制解約からの期間は十分か?

強制解約から半年以内に申し込んだりしていませんか?推測ですが、早すぎても難しいのではないでしょうか。(これは基準が開示されているわけではないので本当に推測です。)

僕は、強制解約後、未払いを支払い切ってから、1年半明けてから再申し込みしました。(自身の信用情報で確認しました。)

関連記事:自分の信用情報を取得してみた【CIC】

3.現在のクレヒスは$マークばかりか?

現在のクレジットカードやローンは遅滞なく支払っていますか?僕、再契約した楽天カードも含めて3枚クレジットカードありますが。必ず、給与支給日当日に資金移動して、絶対に引き落とし漏れ、遅れがないようにしています。

もう2年以上$マークしかありません。

以上を踏まえて、改めて再申込がんばってください。

みんなで通説を覆しましょう。

 

年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】