【LCC】スクート航空で台湾に行ってきました。

こんにちは。

週末と平日を利用して台湾に行ってきたのでレポートします。

スクートのおすすめの席もご紹介します。

今年3回目のスクート航空。

またしても、スクート航空で行ってきました。スクート航空はシンガポール航空子会社のLCC(格安航空会社)になります。

今年は、バンコクへ2回スクート航空を利用しており、3回目の搭乗となります。

・往路:成田12:05時発~現地14:50時着

・復路:現地6:40発~成田11:05着

時差1時間ありますので、片道4時間のフライトです。

金額は、往復合計で、26,647円でした。(片道13,000円!!!)

ただし、僕は座席指定やBoardMeFirstのオプションをつけているので、航空券のみならもっと安いです。

具体的には、

・往復航空券:21,547円

・座席指定:1,500円×2(往復)で3,000円

・BoardMeFirst:500円(片道のみ) ※BoardMeFirstに関してはこちら

・クレジット決済手数料:1,600円

になります。実家に帰るより安いです・・・

※クレジット決済手数料は、2019年9月23日以降完全無料化だそうです。

成田ではここで時間をつぶす!

搭乗まで時間がある場合に、時間をつぶせる場所欲しいですよね?レガシーキャリアの上位クラスをお持ちであればラウンジ利用も可能ですが、LCCでは当然使えません。

そんなときは、【NARITA SKY LOUNGE 和】がいいですよ。第2ターミナルの本館と別館の間の通路にあるフリーのソファスペースです。

横になれるソファやコンセントがあって時間を過ごせます。午前便であれば混んでいて座れなかったということもないですね。

成田1
成田1

付近にカフェもあるのでコーヒーでも買ってゆっくり搭乗時間を待ちたいところです。注意点としては、カフェのストローが紙(!)なので、時間がたつとへにゃへにゃになってしまうことです。笑

BoardMeFirstはやはり最高。

今回は、帰りのフライトでしかBoardMeFirstを取っていなかったのですが、少し後悔しました。次項で説明しますが、スクートは10列目までの席がお勧めになります。

しかし、スクートは後列から順に登場させられるので、前の方の座席の人は搭乗が最後になります。乗客を乗せずに飛び立つことはないので、座って待ってればよいとも言えますが、サクッと搭乗して席で睡眠体制を整えたいですよね?

その場合は、オプションでBoardMeFirstを買っておいてください。スクートプラス(最前列の上位席)と同じタイミングで搭乗できます。僕は何回か1番目で搭乗していますが、さっさと荷物を棚に入れて寝る準備できるので楽ですよ。

スクート航空のおすすめの席

空港で何が厄介かって、現地での入国審査ですよね? ここで並んで何分も待たされるのがストレスであることは異論ないかと思います。ここを短縮する方法はないのですが、最短でたどり着く方法はあります。

思うに、最短で飛行機を降りて最短で入国審査の列に並べば、少なくとも同じ便の人の中では、最短で入国できるわけです。

スクート航空のタイ便と台湾便は同じ機体(Boeing787)なんですが、スクート航空の運用上、搭乗口より前の座席の乗客から降ろされます。この機体では搭乗口は10列と11列の間にあるため、10列目より前の乗客から降ろされます。

11列目の乗客はどんなに入り口が近くても10列目までの乗客が下りるまで降りれません。さらに、1~5列はスクートプラスの席なので、エコノミーで早く降りれるのは6~10列目の座席の乗客になります。

この辺りの座席を抑えることでスムーズに入国審査へ向かえるでしょう。ちなみに、今回の台湾往復では、往復どちらも10D(搭乗口最寄の席!!)をとっており、降機1番かつ同便の乗客の中では1番乗りで入国審査へ行きました。

ただし、僕は機内持ち込みリュック1つでしたので、預入荷物がある人はそれが出てくるのを待つ必要があります。

台北で人生初空港泊。

今回の旅行の復路は朝6時発だったのですが、これに間に合うように市内から空港に行けるMRTはないのです。桃園付近でホテルを取ってみてもよかったのですが、なんとなくもったいない気もしたので、人生初の空港泊にしました。

こちらの記事に写真がありますが、マジでこんな感じでした。笑

僕は運よくソファを取れましたし、コンセント(通常とUSB)もあったので、Youtubeを見たり、ネット見たりして過ごしました。

ただ、やはり寒いので、防寒具は持っておきましょう。ぼくは羽織るものなかったので、旅行に持って行っていたTシャツで腕や足をくるんでいました。笑

強者は毛布持ってきていました。(普通、旅行にもっていかなくね?)

飛行機が飛ぶかのチェック方法

実は今回台風直撃でして、12時~6時前の便はほぼ欠航していました。おそらくそのせいで空港は混雑していたと思います。

欠航便のチェックは、桃園空港のサイトから可能です。(こちら

これめちゃ便利ですよね。ぼくも、こちらを確認しながらひやひやしていました。

おわりに

旅行記なのに、行きの空港と帰りの空港の話しかしてないですが。笑 じつは滞在2.5日の間のうちほとんど雨だったんですね。台湾が雨季なのか台風の影響かわかりませんが、ずっと雨で萎えたので、そんなにいろいろ動き回っていません。。。

駅の混雑具合とか、エスカレーターの片側に寄る習慣とか、街並みとかほんと東京だなって印象です。都内のあんま知らない駅で降りてみた時みたいな、知らない街だけど見慣れた街並み、みたいなのが台北でした。

旅初心者さんとか初めての一人旅にはいいかと思います。異国感を味わいたければもっと南下したほうがいいですね。

では。

 

なぜトップフィジーカーはアパレルをやるのか。ユニクロ様へのお願い。

こんにちは。

今日はなぜトップフィジーカーがアパレルをやるのか、について考察をしたいと思います。

お金のため?

・日本のトップ筋トレYoutuberであるカネキンさんの『COR

・IFBBプロでありこれまた有名筋トレYoutuberのJINさんの『XENO

・ビーフ佐々木クラシック2019優勝者のエドワード加藤さんの『LYFT

トップフィジーカーで自身のアパレルブランドを持っている方は結構いますよね。タンクトップが4~5千円、Tシャツが5~6千円とまあまあします。

トップフィジーカーであるには、週5回もジムに行き、場合によっては、トレーナーをつけたりしてます。さらに、食事に気を使い、サプリやプロテインにもお金をかけます。時間とお金がかかります。

こんなことサラリーマンではできませんよね。つまり、自身で事業をおこし、仕組化することで、労働時間を削減し、トレーニング時間を確保し、体にお金と時間をかけていかなければなりません。

アパレルはそのために効率が良いのです。自身でそれを着てInstagramにアップしたり、コンテストに出ることで、自身が広告になって販促し、それをECで販売して、スタッフに配送をさせる。この仕組み化により、トレーニングに集中できる環境づくりをしています。

選択肢がないから

確かに、収入のためという理由も大きいでしょう。でも最大の理由は、『マッチョ向けのかっこいい服がないから』というのが利用だと考えます。

フィジーク体形の人にとって着易い服というのがないか、あってもダサいから、彼らは自分で作ることを選んだのだと思います。彼らの”特殊な”メロン肩に合う服なんて市場が小さすぎて誰も作らなかったのです。

マッチョがタンクトップを好むのは、筋肉を見せたいからではありません、市販の既製品では肩が窮屈すぎるのです。

パーソナルのクオリティをリーズナブルに【セミパーソナルジムWELBEX】

ユニクロさん今こそフィットネス向けライフウェアを!

確かにマッチョが少数派なら事業化する人は少ないでしょう。でも昨今のフィットネスブームを見てください。老いも若きも筋トレですよ。ストリートのナンパ師たちですら筋トレしてますよ。全然「軟派」じゃない。。。

24時間ジムやパーソナルジムの乱立、筋トレYoutuberの跋扈。

マッチョ向けアパレル市場が出来上がってきてます。

ここまで来たらもうユニクロさんの仕事です。

ユニクロさんの技術で、ユニクロさんのデザインで、ユニクロさんの価格で、マッチョのためのライフウェアを作ってください。

僕はいつもユニクロを着ていますが、僕程度でも、Mだと肩幅が狭すぎ、Lだと丈が長すぎるのです。

(マッチョの)服を変え、(マッチョの)常識を変え、(マッチョの)世界を変えていきましょう!

では。

 

 

コーチングを受けてみました。

こんにちは。こうすけです。

最近、『コーチング』を受けてみたので、コーチングとは何か、及び、実際に受けてみて感じたことを書きたいと思います。

コーチングとは?

ざっくりいうと、自己実現のための「手助け」であり、そのための行動を促すコミュニケーションを指します。(諸説あり)

具体的には、現状の悩みや集中力の妨げとなる”モヤっと”にたいして、コーチが様々な質問をしてきます。

その質問に考え答えていく中で、自分自身の考え方が明確になったり、自分でも気づいていなかった価値観が明確になったりします。

それにより各人の行動がうながされ、よりよい自分になるというプロセスのようです。

なぜ受けようと思ったのか?

ブロガーでYoutuberのアキオブログの動画が好きなんですが、アキオブログさんが自身の成長速度を上げるためにコーチングは有用、とおっしゃっていて興味を持ちました。

ちょうどその時、自分の中で、現在の仕事のこと、これからのキャリアのこと、とかで悩むことがありまして、だけど自分の中で答えを出せなくて、どうやれば答えが出るのかもわからなかったので、何か異なる刺激(となるような”問い”)を自分の中に入れることで、このモヤっとにブレークスルーが起きるのではないか、ということを期待して受けてみました。

受けてみた感想は?

明確に言語化できるレベルで自分が好きなことがわかりました。どうやら僕は、仕事の上では、「自分にしかないスキルで会社に付加価値を提供できていること」が好きなようです。

すなわち、会社に喜ばれても、それがほかの人でもできるような中身だと僕自身は満足できないようです。

この認識により二つの行動が変わりました。

一つは、”自分にしかないスキル”を獲得のため予備校に通い始めたことです。もちろんそれは目的ではなく手段です。会社における自分だけのスキルをもっと研ぎ澄ませたいのです。

二つ目は、少し心に余裕をもてました。僕のチームは経験値の低いメンバーで構成されているので、僕の付加価値はチームのレベルの底上げすることにもある、と僕自身は思っていたのですが、それはチームメンバーからすると余計なおせっかいだったのかもしれません。いつもあら捜しをしているように映ったかもしれません。上場してるわけでもないので、なるべく寛容に見守りたいと今は感じます。一方で、未熟なチームでは、海外も含めて拡大する会社の経理としての役割を果たせませんので、ほんとに口を閉ざしてよいものか、これは悩ましいところです。

継続しますか?

コーチングにより整理された考え方に納得し、行動が変わり始めるまで3週間ほどかかったので、月1とかのペースで適宜プラス1回とかであれば続けてみたい気がします。僕は1回目で考えが明確になりました。

ただ、例えば、今の僕のように、やるべきことが見定められており、淡々とこ行動するだけで、頭の中を整理する必要に迫られていない状況でもなにがしかの効果があるかはわかりません。

つまり、例えば、人生の中で順風満帆のときにコーチングを受ける必要があるのかどうかは不明なのです。なのでいったんは保留です。

が、多分12月くらいに再開しそうです。

モヤモヤっとの解決ツールとしては強いと思いますので、皆さんもぜひ、ゴールBコーチングうけてみてください。

ではまた。

 

1日2回行くならドトールよりスタバの方が安い話。

僕はブログを書いたり本を読んだりするのに、近所のカフェに行くのだけれど、

高いと思って敬遠していたスタバが意外とコスパもよいことに気づいたので報告します。

それはずばり、ワンモアコーヒー+タンブラー持参 です。

スタバのドリップコーヒー ショートって290円(税込313円)なんですが、2杯目が100円(税込108円)ですよね。

一杯目のレシート下部に「One More Coffee ご案内」と記載があり、レシート持参で2杯目100円になります。

さらに、タンブラー持参で税抜価格が20円引かれます。

つまり、

1杯目:290円 – 20円(値引)の税込みで 291円

2杯目:108円 ※タンブラー割引ないです。

合計:399円(400円未満!!!)

となるわけです。

ドトールの場合コーヒーSが220円なので、1日二回行くと440円(税込)となりますね。

安いうえに、居心地もいいとなると、スタバに行くしかないですね。

One More Coffee は当日中しか使えないのでその点はご注意ください。

ただ、同じテンポでなくても使えます。

では、よいコーヒーを