経理職の参入障壁

お久しぶりです。最近は、会社で退職者が出たり、ワクチン打ったり、5年ぶりに実家に帰省したり、忙しく過ごしておりました。
さて、本日のブログは、経理職自体が参入職壁の高い職種になったのではないかという、考察です。

背景

現職の事業拡大につき経理部の求人を出しておりまして、応募自体はちらちらあるのですが、程よいスキル感の人に出会えません。
イメージとしては、経理未経験ではないんだけど、エントリークラスで、弊社で経験を積みながら成長していただける方、になります。
業務量増加のため、手数要員として稼働いただきつつ、小規模な子会社をお任せすることで、経理の全体像も眺めれる業務で経験も積める、そのようなポジションでの募集です。
条件面が悪いのかと思いきや、エージェントに聞くと欲しい人材のスキル感とは乖離していないそう。
もしかして、経理業界から若手減っている?と思ったのが今回の記事のきっかけです。

解釈

昔は、経理にも会計知識がなくてもだれでもできる仕事がたくさんあったのです。 通帳記帳、紙の請求書の作成・送付、伝票の束の集計、ファイリング、システムへ数値の転記、などなど。
ところが、こういった誰でもできる作業はどんどんITツールに置き換わっていきました。
通帳はオンライン化したし、請求書はシステムが自動で作成して取引先にメールしてくれます。紙の伝票はなくなり、会計システムはボリュームの多い転記・集計が得意です。
こうして、経理業務の中でも誰でもできる業務が減っていった結果、どこの会社の経理部も未経験を採用しなくなりました。どこの会社も程度の差はあるが、経理経験があって、経理の業務の流れを知っていて、ツールを使いこなせて、立ち上がりの早い人を欲しがるようになっています。
僕は、約10年前に簿記2級だけもって経理未経験でフリーターから転職しましたが、経理未経験の採用口はなかったので、まずは派遣で経理の周辺業務から始めています。このような周辺業務から徐々に中心にいくキャリアステップが積めたのは、運がよかったと思います。

上記のような理由で、今ある各社の経理部は、すでにどこかの経理部で働いている人を採用するため、経理業界への未経験の参入は限られている。
簿記2級の合格者は年間2万~3万名いるが、これらの人が未経験である限り、経理職での採用はされにくいだろう。
未経験から経理の転職は難しくなっているので、経理経験者の数も増えない。すなわち、相対的に少数の経験者を既存の企業が奪い合う、という状況になっている。

結論

経理業界全体の人員数が増えないのであれば、弊社経理部は事業の拡大に対して、人員増ではなく、システムやツールにより、より少人数で回る仕組みを目指すのが正しいのかもしれない。

自分のキャリアこれでいいのか?転職したくなってきた。【30代の経理】

現在の会社に転職してきて、3年半。
とてもいろいろな経験をできた3年半だったと思う。

予算作成フォームをエクセルで1から作って、マクロをかませて会計ソフトに取り込めるようにした。これで、会計システムで月次での予実差異がおえるようになった。

経費精算システムの導入をした。これで不便なエクセルフォームから脱却した。

グループ会社の科目体系を統一し、科目マニュアルを作成した。
これにより企業間比較が可能になった。

他部署から見れば毎月同じ作業をこなしているように見えるかもしれないが、実はその中で様々な改善や工夫の実践がある。

そこが経理の面白いところでもある。毎月同じ作業だから改善の効果を体感しやすいのだ。(ミスが減ったとか、決算速度が上がったとか、)
事業部だとがんばっても成果がついてくるとは限らないと思うが、経理は改善・工夫は確実に成果が見えるのだ。

こうやって一つ一つ仕組みづくりをしてきた結果、完ぺきではないけれどあらかた一定水準のプロセスが出来上がった。

こうなると単に月次を回すだけのルーティンになってしまう。
決まった作業をベルトコンベヤーに乗ってこなしていくのは、それはもう退屈だ。

僕はいまチームの採用担当もしていて、応募者の履歴書の確認と面接をしているが、
その中で、おそろしくスカスカの履歴書で応募してくる方もいる。
若年層でこれからキャリアを積みたいというポテンシャル枠なら理解はできる。(弊社はポテンシャル枠を採用する余裕はないのでお見送りになるが。)

一方、10年とか20年とかのキャリアがありながら、振込処理とかデータの集約とか入力とかどっかとどっかの突合とか、単純作業しかしていない人も多い。

翻って、自分が40歳を超えてから転職するとしたら自分は自分を採用するだろうか?
答えはNOだろう。何年間も完成されたプロセスをこなしてきただけの人間を欲しいとは思わないだろう。

40歳を超えてそれなりの給与・役職で採用するならば、ほしい人材は現場を任せられる知識と様々な問題を具体的に解決してきた経験ではないかと思う。
 

中堅以上になると具体的に任せたい業務があっての採用になるので、転職時の職務内容以上の経験ができることはまれだろう。

その意味では、会社の成長と僕個人の成長がリンクしなくなってきているのかもしれない。

40歳以降も生き残っていくにはレアキャラになる必要がある。レアな経験が自分を差別化してくれるはずだ。

皆さんも、手遅れになる前に、具体的な経験が積める職場を選んでほしいと思う。

 

 

税理士CFOと会計士CFOのちがい

こんにちは。

今日は税理士CFOと会計士CFOに関しての私見です。

僕は、これまで、上場2社、未上場2社の4社での就業経験があり、税理士CFOと会計士CFOの下で働いたことがあります。その中で感じた両者の相違に関して述べていきます。

結論

未上場企業なら税理士CFO、上場企業(or準備企業)なら会計士CFOのほうが適任。

理由① 会計基準と内部統制の知識

上場企業は会計監査があるので、会計基準と内部統制への知識が不可欠です。一方、未上場企業の場合は、会計基準の適用なく、税務基準の決算書を作成している会社がほとんどでしょう。(おそらくは税理士さんへ依頼して。)

この点に関しては、公認会計士が専門家のため、上場企業or上場準備企業では財務のトップは会計士のほうがよいでしょう。

とくに、監査の実務経験がある会計士の場合は、上場企業の内部に入って業務プロセスを見たことがあるはずなので、自社の仕組みづくりと運用両面で非常にCFO向きです。(僕も会計士CFOの下で勉強したいです。)

理由② 税務の決算書

日本の法人税は申告納税制度なので、自分たちで税金計算をして申告する必要があります。そのため、社内に税務の専門家が責任者として在籍することは税金計算の精度に貢献するでしょう。これは、後々の税務調査の面でも有利です。

また、税務の決算書のほうが各種引当がない分、利益が出やすいと思われますので、未上場であれば、税理士CFOがよいでしょう。

もちろん会計士でも未上場企業のCFOは務まりますが、知識余りになる可能性があります。

まとめ

税理士であれ、会計士であれ、不正確な決算書でよいというCFOはいません。ただ、目指す決算書により向き不向きがあるようです。

また、税理士であれ会計士であれCFOである以上は預金残高とCFを注視し、事業の将来に関しての正確な見通しが必要です。

これを軸に、調達、投資、資金繰りをハンドリングするのがよいCFOのようです。

CFOへのキャリアチェンジはこちら

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト

未経験からの経理への転職は派遣がおすすめ

こんにちは。

今日は、未経験から経理職への転職を希望される方へのアドバイスです。

結論

先に結論です。まずは、派遣かアルバイトで実務経験を積みましょう。ただし、避けるべき求人があります。

アルバイト求人情報マッハバイト

経理の仕事とうまみ

経理の仕事というと様々ありますが、大きくくると①お金の管理、と②決算書の作成、があるといえます。①は取引先への支払いや給与の支払い、または、振り込まれた売上の確認、などです。②は様々なお金の流れを記帳して、決算書というフォーマットに落とし込む作業です。決算書を正確に作成するために様々な法律、基準、各社の規定があります。

経理は、一つ一つの会社の取引を仕訳としてまとめていきます。この仕訳を1年間積み重ねることで決算書が出来上がります。一つ一つの取引にはお金の動きのないものも含まれます。(費用の見越し、減価償却費etc)

経理の仕事は、どの会社にもある機能である一方で、誰にでもできる仕事ではない専門的な仕事なので、職種としての安定感があります。

また、経験の蓄積が資産化されやすい職種でもあるため、長く働くことでキャリアアップも図りやすいでしょう。

毎月の業務はほとんど同じなので、突発業務がない限りかかる時間も読みやすいこともメリットです。業務プロセスを効率化することで労働時間を減らすことも可能です。

経理求人の特徴

経理求人の特徴は、未経験が採用されにくい点です。僕もフリーターから簿記2級を取得して経理職に転職しようとしましたが、どんな小さなベンチャー企業にもかかりませんでした。

これは、仕訳がわかるだけでは経理が務まらないから、です。教科書と実務の差分がある、ともいえます。これだけは実務経験がないと埋まりません。

現職でも、簿記2級をとった実務未経験者を採用しましたが、説明しなければいけないことが多すぎて役に立ちませんでした。うちも含めて多くの会社は素人を採用して手取り足取り親切に教育できる人的余裕はないのです。

そもそも経理の求人は、その企業の経理チームで具体的な課題(決算の早期化や精度向上、業務負荷の軽減etc)があるから出るのであって、誰かを一人前にするために出てくるわけではないですから。

派遣のススメ

それでも、この記事を読んでいるあなたが経理職へのジョブチェンジを希望するなら、資格の勉強もいいですが、まずは一刻も早く経理にまつわる仕事についてください。たとえ下っ端でも。

派遣の場合は、具体的にやってもらいたい業務が固まっている場合が多いので、ゼロから業務フローを作るような業務ではないでしょう。また、管理者として正社員がついてくれると思いますので、いろいろ質問しながら業務を行うことが可能です。とにかく職務経歴書に「株式会社○○経理部」と書けるようにしてください。

上記の未経験者以降、派遣経理のキャリアの長い方を採用しましたが、即戦力で大変助かりました。

注意点

派遣やアルバイトから経理を始める際の注意点です。

①学べる環境が大事

経理に潜り込んだら会社の中で経理とはどのような機能がどのようなスケジュール感で行われているか全体感を学んでください。仕訳の入れ方と摘要の工夫、会計ソフトの使い方、紙の書類の保存の方法、優先すべき業務と後回しにできる業務、年に1回の業務と毎月ある業務など、自分が携わっていない業務に関しても学んでください。間違っても一人経理の会社に入るのはよしましょう。やり方があってるのか間違っているのかわからないまま、我流が身についてしまっては、やっているけど「できていない」という状態になります。

独りよがりのスキルにならないように注意してください。

②簿記3級は取りましょう。

簿記3級は高度な会計論点はありませんが、決算書の作成まで試験範囲ですので、決算書作成の全体像がイメージしやすいので、経理の第1歩を踏み出すうえで、非常に良い資格だと思います。

③できれば上場企業の方がよい。

上場企業は、会計監査のために、仕訳の起票~各種証憑の保存方法まで、非常にシステマチックに業務設計されています。そこで、上場企業の経理がどのように運用されているかを学ぶことはとても勉強になりますし、次のキャリアアップで上場企業での経験は必ず評価されるでしょう。

まとめ

経理は売上部門ではないので、どの会社の経営者もなるべく少数精鋭で行きたいと考えています。それゆえに、適切なスキルさえ身につけば、安定した仕事とキャリアアップを両方実現できるやりがいある仕事です。

がんばってください。



正社員のキャリアアップはこちら

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト

経理未経験の簿記2級取得者が使えなかった話。

こんにちは。
今日は、経理未経験の簿記2級取得者が使えなかったという話を書きたいと思います。

その後、ではこれから経理職を目指す方は何を学ぶべきか、を記したいと思います。

弊社の話

会社規模が大きくなると経理業務も当然増えます。
例えば、従業員が増えますので、給与計算者は増えるし、経費精算も増えます。
取引先企業も増えるので請求書も増えますし、支払い先も増えます。

そのような状況下で、手が足りないということで、アルバイトを採用することになりました。

主な業務は、日常仕訳起票、ファイリング、月次決算の経費計上になります。

こちらの希望は、高度な知識や経験は不要なので、たくさん手を動かしてくれる方、というイメージです。時給は1,300~1,500円+交通費。

応募者はトータルで10名弱でしたが、ほとんどが経理未経験でした。少しでも時給を上げるためにほかのアルバイトから、経理職へジョブチェンジしたいという方が多かったです。

その中で1名、簿記2級取得者(2019年)という方がいらっしゃいました。簿記2級は、以前より範囲が広がり、連結や税効果が1部入っているので、昔の簿記2級取得者より良いのではないかと思い、また、学習意欲も高そうでしたので採用いたしました。

そして、実際に上記業務を任せたのですが、この方がいまいちでした。

具体的には、会計ソフト、エクセル、ファイリングなどの個々の作業が遅い、消費区分がわからない、摘要がでたらめ、などです。
結果、任せたはずの業務の確認に任せる前と同じくらい時間がかかってしまいました。

この背景には、僕の説明指導不足も当然あったのでしょうが、かといって手取り足取り経理教育してあげるほどの余裕もないのです。

うちの会社にしかない業務を任せているわけではないので、そこまで教育に時間をかけなくても一定水準の仕事は覚えてもらえるだろう、と思ったのですが、歩留まりが悪かったのです。

上記作業はどこの会社の経理でも同じような業務をしているはずであり、細部で相違はあれど他社で経理経験があればすぐにできたはずなのです。

結果、次の採用は必ず”経理経験者”という条件が追加されました。

一般論として

さて、弊社以外ではどうでしょうか?新卒を経理に配属して1から覚えさせる、なんてことができるのは一握りの大企業でしょう。

ほとんどの企業は、最低限の経理経験=教育指導のために既存スタッフの時間をとられないすぎないレベル、での募集だと思います。

簿記はあるけど、税区分、エクセルの関数やショートカットを1から教えなければいけないレベルの方を採用できる企業は多くはありません。

経理は売上部門ではないので、可能な限りコストを下げたい会社の意向のなかで、経理が採用されるのは具体的なやってほしい業務があって、それを現実的にこなしてくれる人が見つかった場合になります。
これが実務経験が大事といわれる背景です。

まとめ

経理は各社各様のやり方があり、簿記だけあっても未経験はあまりほしくない、という現実的ニーズがあります。
簿記自体は素晴らしい知識ですが、まずは、派遣でも、パートでも、どこでもいいのでもぐりこんで実務経験を積み始めましょう。

同時に、エクセルと消費税だけは勉強しておきましょう。
エクセルをほとんど触ったことがない方は、FOM出版のよくわかるEXCEL基礎と応用をやっておきましょう。(手を動かしながら学べるのでお勧めです。)
消費税は、国税の消費税の手引きがよくまとまっていてただなので、目を通しておきましょう。

数字を通して会社を見るという仕事はとても面白いです。ぜひ使える人材目指して頑張ってください。

では。

正社員のキャリアアップはこちら

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト

IFRSの予備校に通い始めた話。【2019年9月】

こんにちは。こうすけです。

本日は、IFRSの予備校に通い始めた僕が、通うかどうか迷っている人向けに感想を書きたいと思います。

なぜIFRS予備校に通い始めたか。

僕が勤めている会社自体はIFRSではないのですが(JP-GAAPです)、会社が海外へ進出しており、進出先がことごとくIFRS(または、IFRSベースの会計基準)なのです。

※IFRS適用国はこちらでかくにん。(PDFです。5ページ目で確認できます。)

そのため、連結決算を組むうえで現地財務諸表の中身を理解しておかなければならないので、しっかりと身に着ける必要があるなと感じたので、予備校に通うことを選びました。

ネット上で会計事務所や会計士さんがIFRS関連の記事を書いているので、ネット検索でも結構情報が多いのですが、”体系的に” ”効率的に”学習したかったので、また、転職でなんかの足しになるかと思い、IFRS検定を受けることも想定して予備校に通い始めました。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

授業料と消化のペース。

僕は、家が都内ではないので通うのは面倒なので、WEB授業のみのコースにしました。このほうが自習室が使えない代わりに少し安かったです。

WEB講義は自分のペースで消化できるのでおすすめです。入会金込みで20万でした。

(タイトル「通う」ですが、通っているわけではないですね。笑)

授業は、2時間ちょっとの講義が20回あり、僕の場合は、土日で合わせて3回消化し、祝日があればさらにもう1回消化しています。

本日時点で12回消化しており、9月の連休中に一通り終える予定です。

動画は、0.8倍速、1倍速、1.2倍速、1.5倍速、2倍速で再生できますが、1倍速以下は遅すぎるので、1.2倍速と1.5倍速を内容で使い分けています。倍速だと1講義90分くらいで終わるので、集中力を切らさないし、効率的だと思います。

最初は違和感ありますが、講師陣も慣れてくるのか、数回目の授業から倍速でも違和感なく授業を受けていけます。

注意点としては、動画がスムーズに見れないときあります。原因はサーバーの処理能力と推測しますが、(ほかの受講生のアクセスが多いとき?)かくかく止まりながらで、倍速なのに結局2時間かかった時が1度ありました。

授業の感想

大前提として、商業簿記1級程度の知識があれば(あるいは会計士資格を有していれば)、内容は難しくありません。逆に商業簿記2級程度の知識の場合は結構難しいなと感じるかもしれません。

具体的には、利息法の計算、割引現在価値、退職給付会計、新株予約権付社債など、商業簿記1級で学習済みの内容が多くあります。これは、すでに日本の会計基準がコンバージェンスされているためと推測します。

もちろん、鉱物資源や農業など未知の範囲もありますが、論点として重くなく分量も少ないです。

以上より、前提知識があるうえで受講した場合、テキストは丁寧かつ必要十分であり、解説もわかりやすいです。

逆に、前提知識が不足してる場合は、テキストはわかりにくく、演習問題は応用力が育たず、解説は不十分であり、他基準(US-GAAP、JP-GAAP)との差異を聞いても混乱するだけかもしれません。

受講のメリット

受けてみてのメリットとしては、独学やネット検索よりも効率的にかつ体系的に学べているなと感じます。

また、収益認識基準や新リース会計など、今後日本の会計基準でも導入が予定されいている(または、導入される可能性がある)会計基準も先んじて学習することが可能です。

上記論点はしっかりとページと時間を取って解説してくれています。

会社がIFRS適用国へ進出しているため、連結決算あるいはその前段階の海外子会社の決算書チェックの面でダイレクトに仕事に活かせるという点を含めて、20万円の価値は十分にあったと考えています。(ただ、与えられている職務の面も含めて僕ほどダイレクトに活かせる環境の人は少ない気もしますが、)

IFRS検定

ところで、この流れでIFRS検定まで受験するかはまだ微妙です。現状で学習した内容を十分仕事に活かしていけるのに、あえて4万7千円(⁉)試験を受ける必要があるかは、微妙かなと考えています。

IFRS検定受験に関してはまた時期が近くなったら受けるかどうかも含めて記事に上げたいと思います。

以上、IFRS予備校をご検討中の方の参考になれば幸いです。

簿記をこれから学習されたい方は以下がおすすめ

合格者返金制度あり!!資格講座のL・A

すでにスキルをお持ちの方がより自身が付加価値を発揮できる環境をお探しの場合は以下をお使いください。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

僕は現職はこちらのエージェントを利用して転職しました。

では。

【追記】IFRS検定合格しました。

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト