エポスゴールドの招待条件(インビテーション)

こんにちは。

サブカードのエポスカードでゴールドカードのインビテーションが来ました。

招待タイミングが皆さんそれぞれなので、僕の場合をネットに残しておきます。

 

ノーマルカードとゴールドカードの違い

1.海外旅行保険

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯なのですが、その補償限度額が200万から300万に増額されます。

エポスカード自体が、年会費無料で海外旅行保険200万が自動付帯なのも素晴らしいです。これは僕がエポスカードに申し込んだ最大の理由です。

それが300万の自動付帯にあがるようです。

2.年会費

エポスゴールドカードは通常申込の場合、年会費が5,000円(税込)ですが、インビテーションから申込むと年会費は永年無料です。

つまり僕は年会費無料で海外旅行保険が300万自動付帯となりました。

3.ラウンジ

ゴールドカードですので、国内空港と韓国(仁川)、ハワイの空港のラウンジが使えます。ただ、成田のラウンジ見たことある方はわかると思いますが、それほど優れた設備ではなく、時間によってはめちゃ混むのであまり使うことは想定していません。成田に関してはやはり航空会社の上級会員でのラウンジ利用のほうがいいでしょう。

※仁川のMATINAはプライオリティパスでも利用できるラウンジで食事がすぐれているようです。

4.VISAゴールド

一応VISAのゴールドなので、VISAゴールドとしての特典が付きます。

エポスカードのウェブに掲載のない特典もあるので、海外旅行に行かれる場合はチェックしていくとよいでしょう。

タイの特典 / 台湾の特典 / 香港の特典 / マカオの特典

やはり使いたいのはレストラン系の値引きでしょう。

ちなみに台北101はエポスカード支払で割引ありました。

5.その他

ポイント還元率や有効期限もよくなるみたいです。(メインカードではないので特に気にしていません。)

招待条件(僕の場合)

利用開始から12か月、利用総額(28万9千円)で招待されました。

海外旅行に行ったときなど、最も利用が多い月で6万4千円、最も利用が少ない月は4千円の利用額でした。

もともとのカード条件は、利用限度額10万/月、キャッシング枠0円の最小構成です。(海外旅行保険用でしたので。)

支払遅れは1度もありませんでした。(多分これはかなり重要。)

まとめ

モディ・丸井で買い物される方にはとてもお勧めのカードですし、モディ・丸井に行かない方でも海外旅行保険が無料で自動付帯なだけで持っておく価値のあるカードです。


年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

楽天カード強制解約から再契約できた話

こんにちは。

強制解約されたはずの楽天カードが再発行できたので、その経過を報告いたします。

強制解約とは

自身でクレジットカードを解約するのではなく、楽天カード側から契約を解除されることです。ある日突然、前触れなくクレジットカードが決済できなくなるので、めちゃくちゃあせるやつです。

これネット上の記事では、基本的に楽天カード社内の顧客データの中でブラック扱いされるので、通常は再申請しても絶対再契約は無理といわれているやつです。

強制解約に至った経緯

人によっていくつかタイミングがあるらしいですが、僕は「利用枠の増額申請」直後に利用停止になりました。与信枠はショッピング10万で、キャッシングは0円でした。利用限度額10万て月5万しか使えないんでさすがに不便だと思って、増額申請したのですが、直後に使えなくなりました。

当時の僕は、収入とクレヒス意識が低く、遅延が何回かあったので、増額申請時の審査でこいつはだめだ、と思われたのだと思います。

(審査に落ちないために、自分の信用情報をチェックした話はこちら ⇒ 自分の信用情報を取得してみた【CIC】

再申請した理由

メインカードは別にあって還元率も結構いいので、別になくてもよかったのですが、結構海外旅行に行くので、プライオリティパスが欲しいなと思ったのがきっかけです。他にもプライオリティパス付属のクレジットカードはありますが、楽天カードをメインカードにする気はなく、あくまでもプライオリティパス維持費と考えた時に最安の楽天プレミアムカードが欲しいと思ったので、ダメもとで再申請したところ、審査を通過し取得できました。

今回取得したのはノーマルカードなので、クレヒスを積んでアップグレード申請しようと思います。

なので、当分は、積立NISA、楽天モバイル、公共料金の決済のみのサブカードになります。

年会費永年無料の楽天カード

再発行できた理由(推測)

強制解約は楽天カード社内のブラックリストにのるため、CICとかの信用情報機関のデータが消えた後も、強制解約の履歴が残るので再発行は絶対無理、というのがネット上の通説かと思います。

楽天e-Navi(クレカのマイページ)上も、申請できないようになっていた気がします。

そんな不可能といわれる強制解約後の再発行がなぜできたのか、自分なりの推測を書きます。あくまでも推測です。

1.クレヒスの構築

他クレジットカードでここ2年ほど1日の遅延もなく支払い続けていることで、少し信用されたのかもしれません。

2.楽天カード社内の運用変更

実はこれじゃないかと思っています。楽天カードの発行枚数が頭打ちになってきて、一度強制解約した顧客にもセカンドチャンスをあげようってなったのかもしれません。

3.ほとぼりがさめた。

これもあるかもしれません。つまり、もともと永久に再発行ダメ、というわけではなく、3年とか5年とか経過したら再発行OKというもともとの運用だったのかもしれません。僕の場合は、強制解約から多分3年半くらいたっていると思います。

年会費永年無料の楽天カード

4.ブランド変更

これは要因としてはなさそうですが。。。僕は、楽天カードJCBの強制解約以降、JCBはすべて審査落ちしてます。(Oh…) 逆にmasterが相性いいです。

ちなみに、タイとかだと、「mastercard prefered」って書いてある店あったので、masterもっとくとよいですよ。

なので、試しにmasterで申込したところ、通過しました。ただ、審査機関はあくまで楽天カード社なので、ブランドが影響しているとは思えないのですが。

5.収入の増加

これも原因としては低そうですが。確かに、当時より収入は増えましたが、強制解約後はそもそも申請自体できなかったような気がします。少なくとも収入申告画面までたどりつけなかったような気がします。(うろ覚えですが。。。)

まとめ

とにかく既存カードで遅延しないをすごく意識しています。あと新規申請時は、JCB以外、キャッシング無し、という申請にしています。

楽天カード強制解約されたけどまた発行したいって人は、あきらめずにきれいなクレヒスで時間をおいてブランドを変えて申請してみてください。

僕は、来年以降JGC修行するかもしれないので、メインはJALマイルが貯まるカードに変更する予定なので、楽天カードはサブカードとしてこつこつクレヒスを作りたいと思います。

年会費永年無料の楽天カード

追記① 2020年8月

申し込む前に読んでください。(楽天カード強制解約にトライした人のその後

追記② 2021年2月

再発行はできましたが増枠申請は落ちました!

楽天カード再申請タイミング待ちの方は他の年会費無料のカードをどうぞ。

年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

現金を卒業して半年たちました。

こんにちは。

3月に現金の使用をやめてから半年たちましたので、経過を報告しようと思います。

現金卒業とは

財布に現金を入れるのをやめて、可能な限り非現金決済に寄せています。

具体的には、

  • クレジットカード
  • ポストペイ型電子マネー(iD、QUICPay)
  • デビットカード
  • プリペイドカード(スタバとドトール)

のみで回しています。

カードが多いようですが、スタバとドトールのプリペイドカードはスマホアプリですし、iDとQUICPayもクレジットカード一体型なので財布はむしろ薄いです。

よかった点①:決済が早い。

これは、電子マネーとプリペイドカードアプリの場合ですね。

かざすか、バーコードを読んでもらうだけなので、お釣りを考えて小銭を出したり、お釣りを受け取るという手間がないので便利です。クレジットカードは読み方によりますが、店員にカードを手渡したり、サインしたり必要なら手間ですね。一方、コンビニでのIC決済(シュッてせずにカードを差し込むパターン)はだいぶ早くなりました。

よかった点②:財布が軽い、薄い

小銭とお札をなくしたので、軽いです。また、電子マネー一体型クレジットカードにしているので、カードも少ないです。そろそろ小銭入れのない財布を検討します。

よかった点③:ポイントがたまる。

現金で支払っていたものをクレジットに寄せるだけでポイント還元があるのでいいですよね。僕は、オリコカード・ザ・ポイント ゴールドを使っていますが、還元率は2%くらいいっています。(初年度だけと思いますが)

あとスタバもアプリだとStarbucks Rewardsというポイント制度みたいなのありますから、少しお得です。

スタバリワード
スタバリワード

よかった点④:管理が楽(超重要)

これは若干予想外のメリットだったのですが、マネーフォワードという家計簿アプリがかなりの決済手段に対応していて、すべての決済データを勝手に取得して家計簿を作成してくれます。

スタバやドトールのプリペイドカードすらも連携可能で、めちゃ楽です。

スタバリワード

マネーフォワード
マネーフォワード

それまでは、現金決済をちくちくアプリに手入力していたのですがそれもなくまります。

不自由はないか

ほとんどないですが、やはり、現金決済の店に行けないので、チェーンでないラーメン屋とかはいけません。

あと、送別の会費とか割り勘とかはどうしても現金になります。なので、1月に1回くらいは出金しています。

今後はもっとキャッシュレスになってコンビニで現金決済の人に待たされなくなってほしいなと思います。

 
年会費永遠無料のリクルートカード
 
年会費永年無料の楽天カード
 
マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

現金を卒業して、キャッシュレスに入学した。

キャッシュレス化の波に乗って、現金を卒業してみました。

具体的には、19年3月から現金の使用をやめてみました。

とは言っても、もともと日常利用(食品、コンビニ)にはnanacoやEdyの電子マネーを使用し、高額の買い物(海外旅行、家具家電)はネットで決済していたので、それほど大きな変化はなかったような気がしますが、詳細を下記します。

今使っている決済手段

というわけで、今は以下の決済手段で生活しています。

  • 電子マネー(iD、QUICPay) ※nanaco、Edyはかさばるのでやめました。
  • デビットカード(Sony Bank WALLET)※デビット機能付きのキャッシュカード
  • クレジットカード(Mastercard)
  • QR決済(PayPay、楽天ペイ) ※クレジットカードに紐づき
  • アプリ(ドトールアプリ、スタバアプリ)※クレジットカードに紐づき

優先順位は?

優先順位は、電子マネー>クレジットカード>QR決済 になります。

決済端末にかざすだけででよいので電子マネーはやはり便利です。クレジットカードは店員とのやり取り(カードの手渡しや端末への差し込み)が発生するので、少し面倒ですね。

QR決済はアプリの立ち上げと金額の打ち込み(!)があるので、めちゃくちゃ手間です。その店に他の決済手段がない場合のみ利用します。僕の場合は、オリジン弁当です。現金とPayPayしか使えない。笑

(要望)androidの長押し(iPhoneの3Dタッチ)でアプリから、QRのスキャン画面や金額入力画面に直ちに飛べるようにしてください!!!

ですので、メインは、クレジットカードについているiDを最も多く利用しています。

財布にカードをたくさん入れたくないので、nanacoとEdyは持つのをやめました。ポイント還元率は、nanacoよりオリコカードについているiDの方が高いので、そちらをメインにしました。

ドトールとスタバはそれぞれ、クレジットカードに紐づいた支払アプリをスマホに入れています。

不自由はなし?

僕の日常生活では、スーパー、コンビニ、マック、いきなりステーキ、ユニクロ、ドラッグストアとたいていどこでも上記のいずれかが使えるので、問題ないです。

ただ、ラーメン屋と銀だこは現金のみの店がありました。銀だこではほかの人に支払ってもらいました。笑

また、身内の小銭のやり取りも苦手ですね。誰かの送別で一人500円カンパ、とか、飲み会で、一人3000円とか。「現金ないんで。。」で断りやすくはありますが、、笑

あと、駅前で盲導犬の募金をやってたのですが、こういう募金系もダメですね。(犬はかわいい。)

結論

財布には、電子マネーiDつきのクレジットカードを入れておけば日常は問題なかったです。スマホがandroidなので、どーしてもこのカード1枚は手放せないのですが、iPhoneの方はApple Payにクレジットカードを登録しておけば、それもないかもしれませんね。

店舗様各位は可能な限り、電子マネーへのご対応をお願い致します。

(終)