クレジットカードの選び方【最初の1枚】

こんにちは。今日はまだクレジットカードを持ったことがない方向けに、
クレジットカードの選び方と1枚目にお勧めのカードを紹介します。

 

持つべき理由。

1.ポイントが貯まる

カードによりけりですが、0.5%~5%くらいの還元があります。同じ金額を決済した時に、現金が出ていくだけよりも利用額に比例した還元があるほうがお得ですよね。

還元率は、ベースの還元率とカードのグレードやカード会社のキャンペーンによります。また、還元されるポイントは各社様々ですが、そのポイントが他のポイント(nanacoポイントやTポイント、楽天ポイント)に交換可能でそちらで使えます。

還元率は、ベースは0.5%が多いのですが、1%以上還元のカードも存在するので、デザインがお気に入りだったり、他の特典目当てでない限り、還元率1%未満のカードを選ぶ必要はないでしょう。

僕の場合は、年会費約2,000円のカードですが、1年間で、25,000ポイント(25,000円相当)得ています。

同じ金額使うならポイント還元があったほうがいいですよね。

2.決済が楽

現金決済よりもはるかに楽です。コンタクトレス決済機能がついている場合は、カードを店員に渡す必要すらなく、財布越しに端末にかざすだけで決済できます。
これ慣れるとめちゃくちゃ便利で、僕はもうコンタクトレス決済以外したくないですね。
コンタクトレス決済はsuicaやEdyなどのプリペイド型(事前に入金する)とポストペイ型(決済した後クレジットカードに請求が来る)ものがありますが、チャージの手間すらないので、断然後者をお勧めします。

僕は、iDがついているクレジットカードをメインで使っています。

3.支出の管理が簡単

クレジットカード持ちたくない派の意見で多いのが、「使いすぎてしまう」という意見です。手元の現金以上の利用が可能なので、多く使ってしまうのが怖い、ということです。

こちらは、支払履歴の管理と利用上限設定で対応します。クレジットカード利用は各カード会社のマイページ上で、いつどこでいくら使ったかがわかるので、自分が何に使いすぎてしまっているのか、いつ使いすぎてしまっているのか追跡できます。家計簿アプリなどを使っていれば自動で利用明細を取り込んでくれたりもします。(Zaimやマネーフォワード)

現金利用者は先月、あるいは先週何にいくら使ったか正確に言えますか?クレジットカードの方が、利用管理ははるかに楽だと思います。

また、どうしても不安な場合は、上限(利用可能額)を低めに設定すると良いでしょう。僕は楽天カードやエポスカードは上限10万円にしていました。(エポスはゴールドに更新した際に上限80万に上がっていましたが。)

4.海外旅行保険が付く

海外旅行保険とは、海外旅行中にケガや病気になって現地の病院を使った場合の費用を補填するものになります。海外は日本の保険証が使えないので高額請求になる場合があります。その費用がクレジットカード付帯の保険でカバーできます。

ゴールドやプラチナなどのグレードの高いカードだと300万以上の保障も可能ですが、この記事で紹介するカードは保障額50~100万なので、全額カバーして安心したい場合は複数のクレジットカードを持っておくとよいでしょう。なお、年会費の安いカードは海外旅行保険が付かないことが通常です。

選び方

1.還元率

上にも書きましたが、クレジットカードを使うメリットは同じ金額を現金で払うよりもポイントが付く分お得な点にあります。

例えば、月8万(年間約100万)支払があるときに、現金だと100万円出ていくだけですが、クレジットカードで支払えば、1万円(相当のポイント)が還元されます。

こちらはクレジットカードの利用に対する還元なので、別途ポイントカードがあればそちらのポイントもたまります。(いわゆる2重取り)

2.コンタクトレス決済がつく

クレジットカード自体も現金のやり取りよりはだいぶ楽ですが、コンタクトレス決済だとより楽です。カードを端末に差し込んで読ませるのは手間ですし、日常使いには暗証番号やサインも面倒ですよね。(自分的に高額の場合はしっかり金額確認してからサインや暗証番号入力することをお勧めします。)

その点コンタクトレス決済は財布越しに端末にかざすだけでよいので、とても楽です。財布からカードを出す必要さえないです。

3.デザイン

うまく使うとほとんど財布から出すことがないので、デザインの好き嫌いはあまり気にならないですが、複数の券面があるクレジットカードの場合は好きなほうを選ぶとよいでしょう。

4.年会費

クレジットカードは年会費が無料のものと有料のものがあります。
有料だとカードのグレードがあがり、海外旅行保険や空港でのラウンジ利用などの付加サービスが付きますが、それらが年会費に見合うサービスかはよく吟味しましょう。豪華なサービスがあっても使わなければ意味がありません。

5.ブランド

クレジットカードのブランドはVISA、master、JCB、アメリカンエクスプレス(アメックス)などがあります。
VISA、masterは海外ブランドで、世界的なシェアをもっています。
JCBは日本のブランドです。世界的なシェアはあまり高くないですが、韓国、台湾、ハワイなど日本人がよくいく国ではつかえます。

おすすめ

以上を踏まえて1枚目にお勧めのカードを記載します。

1.JCBカード

還元率:通常還元率は0.5%です。こちらの還元率はクレジットカードとしては、やや低いですが、スタバやセブン、Amazonなど、パートナー店舗では還元率が上がります。
例)スタバカードやアプリにJCBカードから2,000円チャージ。
⇒ 20 Oki Dokiポイント獲得
⇒ 100nanacoポイントに交換可能
⇒ セブンで100円分利用可能
⇒ 実質還元率5%!

電子マネー:QUICPay付きカードを選択しましょう。
※QUICPayの搭載されないカードとQUICPayの搭載されたカードは申込ページが異なるので注意してください。

年会費:①MyJチェック(Web明細)登録と②年間50万円(税込)以上の決済、で翌年の年会費無料。これらを満たさない場合は、1,375円(税込)

コメント:国内では圧倒的な決済ネットワークを持ちます。クレジットカードは使えるけどJCBは決済できませんという店はほとんど出会いません。また、日本庭園の砂紋のようなデザインもかっこいいですよね。年会費無料の条件も非常に緩やか(月に42,000円)ですので、スマホや、水道光熱費、カフェなど日常支払いをすべてJCBカードにまとめると十分に達成可能でしょう。
最初の1枚に、そして長く使える1枚にとてもお勧めです。

2.楽天カード

還元率:基本還元率1%。ただし、楽天カードにはSPU(スーパーポイントアッププログラム)という制度があり、楽天モバイルや楽天トラベルなど、楽天関連サービスを利用することで還元率が挙げられます。

電子マネー:Edyが付帯しています。Edyはプリペイド型の電子マネーですが、楽天カードの場合はオートチャージ機能がありますので、残高がなくなるごとに現金を下ろしてチャージとかの手間はありません。

年会費:永年無料。

コメント:公式サイトにもあるように、まさにポイントがザクザクたまるという表現がふさわしいカードです。僕は、楽天モバイル、楽天ブックスの利用があるので、還元率5.5%です。例えば、楽天ブックスで6,270円分の書籍を購入する場合、340ポイント還元があります。(実質還元率5.4%)
楽天カードを使いだしてからAmazonより楽天のほうが実質的に安くなりました。

さらに、年会費無料のカードなのに海外旅行保険(利用付帯200万)も付きます。

還元率が良く、年会費も永年無料なので、カードをどのくらい使うか未定の方にもおすすめのカードになります。持っておいて損はないです。

楽天カード新規入会キャンペーン

3.エポスカード

還元率:基本還元率0.5%。

電子マネー:なし。

年会費:永年無料。

コメント:こちらはの特徴は海外旅行保険200万円が”自動付帯”な点です。
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯になるカードはほとんどありません。しかも200万。また、ブランドもVISAなので海外での決済に困ることはないでしょう。年会費無料なので、海外旅行に年1回しか行かないという人もぜひ持っておきたい1枚です。

4.三井住友カード

還元率:基本還元率0.5%(楽天ポイントに交換の場合)
セブンやファミマなどコンビニ利用で、2.5%

電子マネー:iD、Visaのタッチ決済(ブランドとしてVISAを選択した場合のみ

年会費:通常 1,375円(税込)ですが、今入会すればキャンペーンで永年無料

コメント:基本還元率は0.5%と高くないですが、セブン、ファミマ、マックなど、日常的に利用する店舗での還元率が2.5%と高く、電子マネーもiDもついています。ブランドでVISAを選択すれば、今後普及すると思われるVisaのタッチ決済もついています。

また、こちらのカードは2020年2月よりカードデザインが大幅に刷新されており、カードナンバーが表面から裏面記載になっております。これにより、カード番号を見られないように工夫されております。

ネット上では”改悪”などといわれたデザインですが、僕は、旧デザインよりもシンプルかつ印象的でむしろ好きです。

国内でとても使い勝手の良い電子マネーiDと海外で普及しているVisaのタッチ決済を兼ね備え、(キャンペーン期間中に入会すれば)年会費無料のこちらのカードも、1枚持っておくととても便利でおすすめです。

まとめ

若い方でクレジットカード持っていない方が時々会うのですが、1度使ってみるとその便利さは手放せなくなります。使いすぎに注意してよいクレジットカードライフを送ってください。

では。

エポスゴールドの招待条件(インビテーション)

こんにちは。

サブカードのエポスカードでゴールドカードのインビテーションが来ました。

招待タイミングが皆さんそれぞれなので、僕の場合をネットに残しておきます。

 

ノーマルカードとゴールドカードの違い

1.海外旅行保険

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯なのですが、その補償限度額が200万から300万に増額されます。

エポスカード自体が、年会費無料で海外旅行保険200万が自動付帯なのも素晴らしいです。これは僕がエポスカードに申し込んだ最大の理由です。

それが300万の自動付帯にあがるようです。

2.年会費

エポスゴールドカードは通常申込の場合、年会費が5,000円(税込)ですが、インビテーションから申込むと年会費は永年無料です。

つまり僕は年会費無料で海外旅行保険が300万自動付帯となりました。

3.ラウンジ

ゴールドカードですので、国内空港と韓国(仁川)、ハワイの空港のラウンジが使えます。ただ、成田のラウンジ見たことある方はわかると思いますが、それほど優れた設備ではなく、時間によってはめちゃ混むのであまり使うことは想定していません。成田に関してはやはり航空会社の上級会員でのラウンジ利用のほうがいいでしょう。

※仁川のMATINAはプライオリティパスでも利用できるラウンジで食事がすぐれているようです。

4.VISAゴールド

一応VISAのゴールドなので、VISAゴールドとしての特典が付きます。

エポスカードのウェブに掲載のない特典もあるので、海外旅行に行かれる場合はチェックしていくとよいでしょう。

タイの特典 / 台湾の特典 / 香港の特典 / マカオの特典

やはり使いたいのはレストラン系の値引きでしょう。

ちなみに台北101はエポスカード支払で割引ありました。

5.その他

ポイント還元率や有効期限もよくなるみたいです。(メインカードではないので特に気にしていません。)

招待条件(僕の場合)

利用開始から12か月、利用総額(28万9千円)で招待されました。

海外旅行に行ったときなど、最も利用が多い月で6万4千円、最も利用が少ない月は4千円の利用額でした。

もともとのカード条件は、利用限度額10万/月、キャッシング枠0円の最小構成です。(海外旅行保険用でしたので。)

支払遅れは1度もありませんでした。(多分これはかなり重要。)

まとめ

モディ・丸井で買い物される方にはとてもお勧めのカードですし、モディ・丸井に行かない方でも海外旅行保険が無料で自動付帯なだけで持っておく価値のあるカードです。


年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

ボディメイクにはパーソナルがちょっとおすすめ。

こんにちは。

通っている24時間ジムでパーソナルを受けてみたので、パーソナルがダイエットに有効であると感じる理由と感想を共有します。

ダイエットの基本は

①筋トレ(基礎代謝の増加)と②食事制限、だと思っています。筋トレをしない食事制限は不健康になりますし、筋トレをしても食事制限しなければ、痩せないです。(体がでかくなります) これらは両輪です。

僕は、週3回のジムと軽めの食事制限で体重を落としています。

マシンよりフリーウェイト

筋トレブログや筋トレYoutuberが様々な効果的な(?)筋トレ方法を紹介しています。回数やセット数、重量設定~姿勢などいろいろ言っていますが、これ一般人向けではない可能性があります。

というのも、彼らは週に5回も6回もジムに行く人たちです。ひどい(?)場合には1日に2回行ったりします。それくらい頻繁にジム通いする人は今日は腕の日、今日は背中の日、今日は脚の日、みたいに日ごとに鍛える部分を分けるのも効果があるでしょう。(これを”分割法”といいます。)

一方、僕らみたいに、週に2~3回しか通わない人はそれではいけません。

週2~3回のジム通いで分割法をしてしまうと、同じ部位を鍛えるのが1週間後になってしまいます。筋トレの効果は2~3日といわれているので、1週間も間隔を空けてはけてはいけないのです。

そこで、僕らが行うべきは1回のトレーニングで全身を鍛える方法です。(これを”全身法”といいます。)

全身法では、複数の部位を使う必要がある複合関節種目を効率的に取り入れるべきです。

具体的には、バーベルスクワット、ベンチプレス、デッドリフトなど、複数の筋肉を動員しなければならない種目を各トレーニング日のメインに据えるべきです。これらは、複数の筋肉を動員する上に重量を上げやすいので、効率的に全身を鍛えられます。

複合関節種目をメインに据えつつ、補足的にマシンやダンベルで個別部分を鍛えればよいでしょう。(肩であったり、腕であったり)

パーソナルでフォームを固めよう

ところが、初心者がフリーウェイトをするには、フォームの問題があります。

フォームが悪いと適切に筋肉に負荷をかけられないうえに、悪くするとケガのリスクもあります。なので、初心者は最初だけでも、必ず、専門家からフォームを学びましょう。

僕は、バーベルスクワット、ベンチプレス、デッドリフトのフォームをパーソナルで固めました。

軌道が固定されているためけがをしにくいといわれるマシンでも、僕は肩を痛めました。(多分椅子の高さとひじを引く高さが悪かった。)でも、ベンチプレスでは全然肩が痛くなく、しっかりと胸と肩前部に筋肉痛がきています。

最初はプレートを付けないバーだけでフォーム練習したのですが、これでも結構きついです。バーだけでも20kgくらいありますからね。

また、どのジムにも「このラックは俺のものだ!」といわんばかりのガチ勢がいますよね。ガチ勢もスタッフの前では長時間占有しないので、慣れの意味でもパーソナルトレーナーがいたほうがいいでしょう。

結論

ダイエットには筋肉の増強が必要で、筋肉の増強には多くの筋肉を動員する効率的なトレーニングが必要。

そのためには、フリーウェイトが良い。

フリーウェイトは技術的な要素があるので、最初は見様見真似よりもトレーナーを付けたほうが良い。

と感じました。

皆さんもボディメイクなら専門家に習いながらの方が見様見真似よりも確実だと思います。

パーソナルで最高の冬にしていきましょう!

 

↑こちらのパーソナルジムは、新宿、池袋、渋谷、五反田、恵比寿、目黒、横浜に店舗があります。

マンスリープランで月2回とか4回とかパーソナルを受けれるので、近くの24時間ジムに入会しつつ、定期的にこちらでパーソナルを受けるのが良いと思います。

楽天カード強制解約から再契約できた話

こんにちは。

強制解約されたはずの楽天カードが再発行できたので、その経過を報告いたします。

強制解約とは

自身でクレジットカードを解約するのではなく、楽天カード側から契約を解除されることです。ある日突然、前触れなくクレジットカードが決済できなくなるので、めちゃくちゃあせるやつです。

これネット上の記事では、基本的に楽天カード社内の顧客データの中でブラック扱いされるので、通常は再申請しても絶対再契約は無理といわれているやつです。

強制解約に至った経緯

人によっていくつかタイミングがあるらしいですが、僕は「利用枠の増額申請」直後に利用停止になりました。与信枠はショッピング10万で、キャッシングは0円でした。利用限度額10万て月5万しか使えないんでさすがに不便だと思って、増額申請したのですが、直後に使えなくなりました。

当時の僕は、収入とクレヒス意識が低く、遅延が何回かあったので、増額申請時の審査でこいつはだめだ、と思われたのだと思います。

(審査に落ちないために、自分の信用情報をチェックした話はこちら ⇒ 自分の信用情報を取得してみた【CIC】

再申請した理由

メインカードは別にあって還元率も結構いいので、別になくてもよかったのですが、結構海外旅行に行くので、プライオリティパスが欲しいなと思ったのがきっかけです。他にもプライオリティパス付属のクレジットカードはありますが、楽天カードをメインカードにする気はなく、あくまでもプライオリティパス維持費と考えた時に最安の楽天プレミアムカードが欲しいと思ったので、ダメもとで再申請したところ、審査を通過し取得できました。

今回取得したのはノーマルカードなので、クレヒスを積んでアップグレード申請しようと思います。

なので、当分は、積立NISA、楽天モバイル、公共料金の決済のみのサブカードになります。

年会費永年無料の楽天カード

再発行できた理由(推測)

強制解約は楽天カード社内のブラックリストにのるため、CICとかの信用情報機関のデータが消えた後も、強制解約の履歴が残るので再発行は絶対無理、というのがネット上の通説かと思います。

楽天e-Navi(クレカのマイページ)上も、申請できないようになっていた気がします。

そんな不可能といわれる強制解約後の再発行がなぜできたのか、自分なりの推測を書きます。あくまでも推測です。

1.クレヒスの構築

他クレジットカードでここ2年ほど1日の遅延もなく支払い続けていることで、少し信用されたのかもしれません。

2.楽天カード社内の運用変更

実はこれじゃないかと思っています。楽天カードの発行枚数が頭打ちになってきて、一度強制解約した顧客にもセカンドチャンスをあげようってなったのかもしれません。

3.ほとぼりがさめた。

これもあるかもしれません。つまり、もともと永久に再発行ダメ、というわけではなく、3年とか5年とか経過したら再発行OKというもともとの運用だったのかもしれません。僕の場合は、強制解約から多分3年半くらいたっていると思います。

年会費永年無料の楽天カード

4.ブランド変更

これは要因としてはなさそうですが。。。僕は、楽天カードJCBの強制解約以降、JCBはすべて審査落ちしてます。(Oh…) 逆にmasterが相性いいです。

ちなみに、タイとかだと、「mastercard prefered」って書いてある店あったので、masterもっとくとよいですよ。

なので、試しにmasterで申込したところ、通過しました。ただ、審査機関はあくまで楽天カード社なので、ブランドが影響しているとは思えないのですが。

5.収入の増加

これも原因としては低そうですが。確かに、当時より収入は増えましたが、強制解約後はそもそも申請自体できなかったような気がします。少なくとも収入申告画面までたどりつけなかったような気がします。(うろ覚えですが。。。)

まとめ

とにかく既存カードで遅延しないをすごく意識しています。あと新規申請時は、JCB以外、キャッシング無し、という申請にしています。

楽天カード強制解約されたけどまた発行したいって人は、あきらめずにきれいなクレヒスで時間をおいてブランドを変えて申請してみてください。

僕は、来年以降JGC修行するかもしれないので、メインはJALマイルが貯まるカードに変更する予定なので、楽天カードはサブカードとしてこつこつクレヒスを作りたいと思います。

年会費永年無料の楽天カード

追記① 2020年8月

申し込む前に読んでください。(楽天カード強制解約にトライした人のその後

追記② 2021年2月

再発行はできましたが増枠申請は落ちました!

楽天カード再申請タイミング待ちの方は他の年会費無料のカードをどうぞ。

年会費永遠無料のリクルートカード

年会費永年無料の楽天カード

マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】