現金を卒業して半年たちました。

こんにちは。

3月に現金の使用をやめてから半年たちましたので、経過を報告しようと思います。

現金卒業とは

財布に現金を入れるのをやめて、可能な限り非現金決済に寄せています。

具体的には、

  • クレジットカード
  • ポストペイ型電子マネー(iD、QUICPay)
  • デビットカード
  • プリペイドカード(スタバとドトール)

のみで回しています。

カードが多いようですが、スタバとドトールのプリペイドカードはスマホアプリですし、iDとQUICPayもクレジットカード一体型なので財布はむしろ薄いです。

よかった点①:決済が早い。

これは、電子マネーとプリペイドカードアプリの場合ですね。

かざすか、バーコードを読んでもらうだけなので、お釣りを考えて小銭を出したり、お釣りを受け取るという手間がないので便利です。クレジットカードは読み方によりますが、店員にカードを手渡したり、サインしたり必要なら手間ですね。一方、コンビニでのIC決済(シュッてせずにカードを差し込むパターン)はだいぶ早くなりました。

よかった点②:財布が軽い、薄い

小銭とお札をなくしたので、軽いです。また、電子マネー一体型クレジットカードにしているので、カードも少ないです。そろそろ小銭入れのない財布を検討します。

よかった点③:ポイントがたまる。

現金で支払っていたものをクレジットに寄せるだけでポイント還元があるのでいいですよね。僕は、オリコカード・ザ・ポイント ゴールドを使っていますが、還元率は2%くらいいっています。(初年度だけと思いますが)

あとスタバもアプリだとStarbucks Rewardsというポイント制度みたいなのありますから、少しお得です。

スタバリワード
スタバリワード

よかった点④:管理が楽(超重要)

これは若干予想外のメリットだったのですが、マネーフォワードという家計簿アプリがかなりの決済手段に対応していて、すべての決済データを勝手に取得して家計簿を作成してくれます。

スタバやドトールのプリペイドカードすらも連携可能で、めちゃ楽です。

スタバリワード

マネーフォワード
マネーフォワード

それまでは、現金決済をちくちくアプリに手入力していたのですがそれもなくまります。

不自由はないか

ほとんどないですが、やはり、現金決済の店に行けないので、チェーンでないラーメン屋とかはいけません。

あと、送別の会費とか割り勘とかはどうしても現金になります。なので、1月に1回くらいは出金しています。

今後はもっとキャッシュレスになってコンビニで現金決済の人に待たされなくなってほしいなと思います。

 
年会費永遠無料のリクルートカード
 
年会費永年無料の楽天カード
 
マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】

なぜトップフィジーカーはアパレルをやるのか。ユニクロ様へのお願い。

こんにちは。

今日はなぜトップフィジーカーがアパレルをやるのか、について考察をしたいと思います。

お金のため?

・日本のトップ筋トレYoutuberであるカネキンさんの『COR

・IFBBプロでありこれまた有名筋トレYoutuberのJINさんの『XENO

・ビーフ佐々木クラシック2019優勝者のエドワード加藤さんの『LYFT

トップフィジーカーで自身のアパレルブランドを持っている方は結構いますよね。タンクトップが4~5千円、Tシャツが5~6千円とまあまあします。

トップフィジーカーであるには、週5回もジムに行き、場合によっては、トレーナーをつけたりしてます。さらに、食事に気を使い、サプリやプロテインにもお金をかけます。時間とお金がかかります。

こんなことサラリーマンではできませんよね。つまり、自身で事業をおこし、仕組化することで、労働時間を削減し、トレーニング時間を確保し、体にお金と時間をかけていかなければなりません。

アパレルはそのために効率が良いのです。自身でそれを着てInstagramにアップしたり、コンテストに出ることで、自身が広告になって販促し、それをECで販売して、スタッフに配送をさせる。この仕組み化により、トレーニングに集中できる環境づくりをしています。

選択肢がないから

確かに、収入のためという理由も大きいでしょう。でも最大の理由は、『マッチョ向けのかっこいい服がないから』というのが利用だと考えます。

フィジーク体形の人にとって着易い服というのがないか、あってもダサいから、彼らは自分で作ることを選んだのだと思います。彼らの”特殊な”メロン肩に合う服なんて市場が小さすぎて誰も作らなかったのです。

マッチョがタンクトップを好むのは、筋肉を見せたいからではありません、市販の既製品では肩が窮屈すぎるのです。

パーソナルのクオリティをリーズナブルに【セミパーソナルジムWELBEX】

ユニクロさん今こそフィットネス向けライフウェアを!

確かにマッチョが少数派なら事業化する人は少ないでしょう。でも昨今のフィットネスブームを見てください。老いも若きも筋トレですよ。ストリートのナンパ師たちですら筋トレしてますよ。全然「軟派」じゃない。。。

24時間ジムやパーソナルジムの乱立、筋トレYoutuberの跋扈。

マッチョ向けアパレル市場が出来上がってきてます。

ここまで来たらもうユニクロさんの仕事です。

ユニクロさんの技術で、ユニクロさんのデザインで、ユニクロさんの価格で、マッチョのためのライフウェアを作ってください。

僕はいつもユニクロを着ていますが、僕程度でも、Mだと肩幅が狭すぎ、Lだと丈が長すぎるのです。

(マッチョの)服を変え、(マッチョの)常識を変え、(マッチョの)世界を変えていきましょう!

では。

 

 

ティップネスを退会してJOYFIT24に入会しました。

こんにちは。

19年7月で総合フィットネスのティップネスを退会し、24時間ジムのJOYFIT24に入会しましたので、感想を書きます。

JOYFITは、まだ1回しか行ってないのでファーストインプレッションになります。

なぜティップネスをやめたの?

理由は2つあって、一つは、営業時間です。ジムは家から近いですが、会社が遠いので、平日通うには早朝か深夜に利用できないとなかなか通いにくいのです。

二つ目は、混雑です。やはり、大手の人気フィットネスジムなので、初心者や中高年も通いやすいのでしょう。器具や広場、風呂が結構込みます。

パーソナルトレーニングよりも低価格で通える女性専用ジム【Runway】

平日夜も通えるのですが、同じような会社帰りジムの方が多いので、スムーズにやりたいトレーニングができず、時間が無駄になってしまいます。

その時その時で、空いてる器具を使えればよいという柔軟なスタンスの方には問題ないと思われます。

僕は、ほとんどやりませんでしたが、スタジオレッスンも大変にぎわっていましたよ。

ちなみに、月額は以下の通りです。

  • ティップネス:9,786円(税込) 平日夜と土日通えるプラン、オプションなし
  • JOYFIT 24:9,200円(税込)  キャンペーン終了後の月額利用料+安心サポート月額

JOYFIT24は、キャンペーン期間終了後の通常月の月額です。安心サポートは今のところ入り続けようと思っていますが、オプションから外すと540円安くなるので、ティップネスとの差額は1,000円になりますね。

通える時間の自由度を考えるとJOYFIT24にお得感を感じますね。スタジオプログラムに積極的に通われる方には、ティップネスも十分お得な額だったと思います。

ティップネスでもう少し安いスタジオ利用なしプランができたら再考します。(笑)

なぜJOYFIT24か?

これは単純にティップネスの次に家から近かったからです。徒歩でティップネスは5分、JOYFIT24は6分でした。あと、通うタイミングを24時間から選べる点と、そこからの月額のお得感です。

実際のところは?

本日1回目を終えてきましたが、だいぶ満足しております。店内は清潔ですし、においもいいです。混みすぎていないのも良かったです。

ストレッチスペース、マシン、ランニングマシン、ウェイト、パワーラックと一通りありました。たぶん、まあまあ新しい店舗なのでもろもろきれいです。

客層は、男女半々で、ぼくが行ったときは、筋トレガチ勢はいなくて、健康維持で適度に体動かしたいって感じの客層でした。(それもよい。)

不安要素はこれだ

まだ、1回目しかいっていないので、これから確かめていきたいともいますが、平日夜はやはり会社帰りの方で混むそうです。

あと、見学時にしか見てないですが、シャワールームが臭かったですね。トレーニングスペースはいい匂いなので、シャワールーム何とかしてほしいですね。

ま、家近いんで、家で浴びれるのでいいですが。。

今後の利用方針

平日2回、土日1回くらいのペースで通おうと思っています。平日1回は、早朝帯(5~6時)で有酸素とかしたいですね。あと、安かったので、パーソナルも試してみたいです。

また報告します。

パーソナルトレーニングよりも低価格で通える女性専用ジム【Runway】

 

現金を卒業して、キャッシュレスに入学した。

キャッシュレス化の波に乗って、現金を卒業してみました。

具体的には、19年3月から現金の使用をやめてみました。

とは言っても、もともと日常利用(食品、コンビニ)にはnanacoやEdyの電子マネーを使用し、高額の買い物(海外旅行、家具家電)はネットで決済していたので、それほど大きな変化はなかったような気がしますが、詳細を下記します。

今使っている決済手段

というわけで、今は以下の決済手段で生活しています。

  • 電子マネー(iD、QUICPay) ※nanaco、Edyはかさばるのでやめました。
  • デビットカード(Sony Bank WALLET)※デビット機能付きのキャッシュカード
  • クレジットカード(Mastercard)
  • QR決済(PayPay、楽天ペイ) ※クレジットカードに紐づき
  • アプリ(ドトールアプリ、スタバアプリ)※クレジットカードに紐づき

優先順位は?

優先順位は、電子マネー>クレジットカード>QR決済 になります。

決済端末にかざすだけででよいので電子マネーはやはり便利です。クレジットカードは店員とのやり取り(カードの手渡しや端末への差し込み)が発生するので、少し面倒ですね。

QR決済はアプリの立ち上げと金額の打ち込み(!)があるので、めちゃくちゃ手間です。その店に他の決済手段がない場合のみ利用します。僕の場合は、オリジン弁当です。現金とPayPayしか使えない。笑

(要望)androidの長押し(iPhoneの3Dタッチ)でアプリから、QRのスキャン画面や金額入力画面に直ちに飛べるようにしてください!!!

ですので、メインは、クレジットカードについているiDを最も多く利用しています。

財布にカードをたくさん入れたくないので、nanacoとEdyは持つのをやめました。ポイント還元率は、nanacoよりオリコカードについているiDの方が高いので、そちらをメインにしました。

ドトールとスタバはそれぞれ、クレジットカードに紐づいた支払アプリをスマホに入れています。

不自由はなし?

僕の日常生活では、スーパー、コンビニ、マック、いきなりステーキ、ユニクロ、ドラッグストアとたいていどこでも上記のいずれかが使えるので、問題ないです。

ただ、ラーメン屋と銀だこは現金のみの店がありました。銀だこではほかの人に支払ってもらいました。笑

また、身内の小銭のやり取りも苦手ですね。誰かの送別で一人500円カンパ、とか、飲み会で、一人3000円とか。「現金ないんで。。」で断りやすくはありますが、、笑

あと、駅前で盲導犬の募金をやってたのですが、こういう募金系もダメですね。(犬はかわいい。)

結論

財布には、電子マネーiDつきのクレジットカードを入れておけば日常は問題なかったです。スマホがandroidなので、どーしてもこのカード1枚は手放せないのですが、iPhoneの方はApple Payにクレジットカードを登録しておけば、それもないかもしれませんね。

店舗様各位は可能な限り、電子マネーへのご対応をお願い致します。

(終)