【LCC】スクート航空で台湾に行ってきました。

こんにちは。

週末と平日を利用して台湾に行ってきたのでレポートします。

スクートのおすすめの席もご紹介します。

今年3回目のスクート航空。

またしても、スクート航空で行ってきました。スクート航空はシンガポール航空子会社のLCC(格安航空会社)になります。

今年は、バンコクへ2回スクート航空を利用しており、3回目の搭乗となります。

・往路:成田12:05時発~現地14:50時着

・復路:現地6:40発~成田11:05着

時差1時間ありますので、片道4時間のフライトです。

金額は、往復合計で、26,647円でした。(片道13,000円!!!)

ただし、僕は座席指定やBoardMeFirstのオプションをつけているので、航空券のみならもっと安いです。

具体的には、

・往復航空券:21,547円

・座席指定:1,500円×2(往復)で3,000円

・BoardMeFirst:500円(片道のみ) ※BoardMeFirstに関してはこちら

・クレジット決済手数料:1,600円

になります。実家に帰るより安いです・・・

※クレジット決済手数料は、2019年9月23日以降完全無料化だそうです。

成田ではここで時間をつぶす!

搭乗まで時間がある場合に、時間をつぶせる場所欲しいですよね?レガシーキャリアの上位クラスをお持ちであればラウンジ利用も可能ですが、LCCでは当然使えません。

そんなときは、【NARITA SKY LOUNGE 和】がいいですよ。第2ターミナルの本館と別館の間の通路にあるフリーのソファスペースです。

横になれるソファやコンセントがあって時間を過ごせます。午前便であれば混んでいて座れなかったということもないですね。

成田1
成田1

付近にカフェもあるのでコーヒーでも買ってゆっくり搭乗時間を待ちたいところです。注意点としては、カフェのストローが紙(!)なので、時間がたつとへにゃへにゃになってしまうことです。笑

BoardMeFirstはやはり最高。

今回は、帰りのフライトでしかBoardMeFirstを取っていなかったのですが、少し後悔しました。次項で説明しますが、スクートは10列目までの席がお勧めになります。

しかし、スクートは後列から順に登場させられるので、前の方の座席の人は搭乗が最後になります。乗客を乗せずに飛び立つことはないので、座って待ってればよいとも言えますが、サクッと搭乗して席で睡眠体制を整えたいですよね?

その場合は、オプションでBoardMeFirstを買っておいてください。スクートプラス(最前列の上位席)と同じタイミングで搭乗できます。僕は何回か1番目で搭乗していますが、さっさと荷物を棚に入れて寝る準備できるので楽ですよ。

スクート航空のおすすめの席

空港で何が厄介かって、現地での入国審査ですよね? ここで並んで何分も待たされるのがストレスであることは異論ないかと思います。ここを短縮する方法はないのですが、最短でたどり着く方法はあります。

思うに、最短で飛行機を降りて最短で入国審査の列に並べば、少なくとも同じ便の人の中では、最短で入国できるわけです。

スクート航空のタイ便と台湾便は同じ機体(Boeing787)なんですが、スクート航空の運用上、搭乗口より前の座席の乗客から降ろされます。この機体では搭乗口は10列と11列の間にあるため、10列目より前の乗客から降ろされます。

11列目の乗客はどんなに入り口が近くても10列目までの乗客が下りるまで降りれません。さらに、1~5列はスクートプラスの席なので、エコノミーで早く降りれるのは6~10列目の座席の乗客になります。

この辺りの座席を抑えることでスムーズに入国審査へ向かえるでしょう。ちなみに、今回の台湾往復では、往復どちらも10D(搭乗口最寄の席!!)をとっており、降機1番かつ同便の乗客の中では1番乗りで入国審査へ行きました。

ただし、僕は機内持ち込みリュック1つでしたので、預入荷物がある人はそれが出てくるのを待つ必要があります。

台北で人生初空港泊。

今回の旅行の復路は朝6時発だったのですが、これに間に合うように市内から空港に行けるMRTはないのです。桃園付近でホテルを取ってみてもよかったのですが、なんとなくもったいない気もしたので、人生初の空港泊にしました。

こちらの記事に写真がありますが、マジでこんな感じでした。笑

僕は運よくソファを取れましたし、コンセント(通常とUSB)もあったので、Youtubeを見たり、ネット見たりして過ごしました。

ただ、やはり寒いので、防寒具は持っておきましょう。ぼくは羽織るものなかったので、旅行に持って行っていたTシャツで腕や足をくるんでいました。笑

強者は毛布持ってきていました。(普通、旅行にもっていかなくね?)

飛行機が飛ぶかのチェック方法

実は今回台風直撃でして、12時~6時前の便はほぼ欠航していました。おそらくそのせいで空港は混雑していたと思います。

欠航便のチェックは、桃園空港のサイトから可能です。(こちら

これめちゃ便利ですよね。ぼくも、こちらを確認しながらひやひやしていました。

おわりに

旅行記なのに、行きの空港と帰りの空港の話しかしてないですが。笑 じつは滞在2.5日の間のうちほとんど雨だったんですね。台湾が雨季なのか台風の影響かわかりませんが、ずっと雨で萎えたので、そんなにいろいろ動き回っていません。。。

駅の混雑具合とか、エスカレーターの片側に寄る習慣とか、街並みとかほんと東京だなって印象です。都内のあんま知らない駅で降りてみた時みたいな、知らない街だけど見慣れた街並み、みたいなのが台北でした。

旅初心者さんとか初めての一人旅にはいいかと思います。異国感を味わいたければもっと南下したほうがいいですね。

では。

 

夏休み旅行記②~ホーチミン~

前回から時間が空いてしまいましたが、夏休み旅行記①~ホーチミン~の続きです。前回はホテルレビューで今回は観光した場所です。

こちらのページのマップがわかりやすいですが、ホーチミンはいくつかの区に分かれています。今回滞在したのは中心街でオフィスビルやショッピングモールのある1区のみで、二日半の滞在期間でした。

ちなみに、タンソンニャット国際空港はタンビン区にあり、1区とは、バイクタクシーをとばせば20分くらい、混んでいたり、安全運転重視のバイクタクシーだと多分40分以上かかりそうな距離です。

サイゴン・スカイデッキ

 

サイゴンスカイデッキ
サイゴンスカイデッキ

正式には、Bitexco Financial Tower(ビテクスコフィナンシャルタワー)というそうです。なんとなく、アイアンマンのスタークタワーに似てますよね。

この中にスカイデッキという展望台があります。写真の突き出してる円盤みたいなフロアの下になります。入場料は1,000円ちょっとだったかな?

眺望は下の写真で、かなり遠くまで見渡せますが、当日は結構曇っていたので、あんまりきれいな眺望ではなかったです。行くなら晴れの日がいいと思います。

サイゴンスカイデッキの風景1
サイゴンスカイデッキの風景1
サイゴンスカイデッキの風景2
サイゴンスカイデッキの風景2

なんかよどんでますね。笑

風景2枚目の左端に細長いビルが見えますが、こちらがベトナムで一番高いビルのランドマーク81みたいです。区でいうと、ビンタイン区になります。展望台もあるようなので、次回ホーチミンに行ったときは登ってみたいですね。

戦争証跡博物館

戦争証跡博物館
戦争証跡博物館

こちら、ベトナム戦争の記録を写真や映像や当時の記事で振り返れる場所です。

写真は結構とったのですが、博物館とかの展示を公開するのも気が引けるので、1枚だけヘリを載せておきます。枯葉剤で先天的に障害をもって生まれた方たちの写真や記録は凄惨なものでした。1区内で近いですし、入場も200円くらいなので英文読める方はぜひ訪れてみてください。

サイゴン大教会

サイゴン大教会
サイゴン大教会

こちらは写真撮っただけです。僕は旅先は自分の足で歩き回るのが好きなので、先ほどの戦争証跡博物館から歩いていきました。30分弱かな?歩きますが、歩けない距離ではないです。1区内の観光スポットは割と近くにあるので、大体歩いて回れるなというのが僕の感覚です。(僕は結構歩くほうだと思います。)

まとめ

有名ポイントは多分以上なんですが、僕は、街の空気感とか現地の文化を歩き回りながら見るのが好きなので、観光スポットではなくても結構街中を歩き回りました。

そんな中で、

靴に飛びついてきて何かと思ったら、勝手に靴を磨き始める靴磨きや、(すぐNOって強く言いましたが、多分お金要求されるやつですね)

路上で乳丸出しで母乳を上げてるお母さん、

家族4人乗りの原付、とかに途上国を感じた一方で、

街中の映えポイントで自撮りする現地の女の子たち、超高層オフィスビル、昼休みにスーツでカフェするビジネスマンとかに、先進国を感じたり、

発展と途上の両方を感じられる町でした。(1区以外はそうではないかも)

街中は建築ラッシュぽかったですし、地下鉄の整備計画も進んでおり、2020年以降に開通予定だそうです。平均年齢31歳のこの国はまだしばらくは力強く成長していくでしょう。

その過程で観光客へのサービスレベルも上がっていくでしょう。

ベトジェットエアも就航し東京から往復24,000円くらいなので、ぜひまた行ってみたいです。

最後に

ハイランドコーヒー
ハイランドコーヒー

ハイランドコーヒーというドトール的なローカルのコーヒーチェーンです。

ベトナムコーヒーとかバインミーとか食べれます。街中にたくさんあるので、休憩にどうぞ。

夏休み旅行記①~ホーチミン~

夏休みを利用して、初のベトナム(ホーチミン)を旅行してきたので、その感想を書きたいと思います。今回はベトナムまでの飛行機と滞在中のホテルです。観光は別記事にしました。

移動はベトジェットエア

ベトジェットエアというLCCの成田~ホーチミン線で行ってきました。こちら2019年7月12日に就航したばかりの路線らしいですが、航空券自体は、3月に購入しており、なんと片道20,430円でした。

これ座席指定と機内食つきでです。機体は左右3列、通路1本の中型機でLCCよろしく、足元や隣の席との間に余裕はありませんでした。

ベトジェットエア機内食
ベトジェットエア機内食

ただ、ぼくは3列の通路側で隣に人がいなかったので、特に不自由は感じませんでした。

ベトナムの知人曰く、ベトジェットエアはよくディレイするそうですが、今回の成田~ホーチミン便でもチェックイン1時間、離陸1時間半程度の遅れが発生していました。着もそれに応じて遅れてました。

タクシーですりに合う

Grabでタクシーを呼びたかったのですが、日本では設定ができなかったので、いったんホテルへ行ってから設定することにし、空港から市内はタクシーを利用しようとおもいました。が、この運転手が曲者で、両替してなかった僕が悪いのですが、市内までの金額が足りないとわかると、米ドルでもいいと言い出し、米ドルはないと伝えると、日本円でもいいいくらあるんだ?財布を出せ、とまくしたててくるので、まだ善意を信じていた僕は、財布を渡してしまいました。日本円で相当額を抜いてくれると思っていましたが、彼は、米ドルはないのか。と財布を返してきました。不審に思った僕が中身を確認すると1万円がなくなっていました。「ファッ!!??」って態度をすると、シートの脇から1万円をソーリーソーリー的な感じで返してきました。

抜かれてるの全く気づきませんでした!!!

ID見せろ、警察の前で降ろせってごねたら、途中のガソリンスタンドでおろされました。みなさんも気を付けてくださいね。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港内でGrabの設定を強くお勧めします。

ベトナムコーヒーがうまい

知人に連れて行ってもらった市内のローカルコーヒーショップ

ベトナムコーヒー屋
ベトナムコーヒー屋

ホテル1泊目

滞在は2泊でそれぞれ異なるホテルを利用しました。

1つめは、M Boutique Hotel

(agodaのリンクはこちら。同じ日付同じホテルで見た場合アジアはagodaが最安値です。)

ホテルの部屋
ホテルの部屋

狭かったですが、清潔でアメニティも一通りそろっており、1泊5,355円でした。ダブルの部屋を指定したはずですが、シングル2台をつなげてありました。

コンセント位置は微妙でベッドで横になりながらいじることはできませんでした。

ホテルの食事
ホテルの食事

食事は、果物はベトナム感ありましたが、その他は標準的な洋食ブッフェでした。

ホテルの眺め
ホテルの眺め

立地は、中心街1区にあり、ホテルのレストランからはサイゴン川が見えます。

ホテル2泊目

2泊目は、Silverland Sil Hotel & Spa

(agodaのリンクはこちら。同じ日付同じホテルで見た場合アジアはagodaが最安値です。)

こちらは、1区日本人街のちかくにあり、1泊目のホテルからも徒歩10分くらいでした。

ホテルの部屋
ホテルの部屋

部屋は清潔で、1泊目より広かったです。ベッドの枕元にコンセントがあるのがありがたかったです。1泊5,614円でした。ホテルはSPA施設とジム施設がついており、日本人街も近くて食事には困りません。

また、ドンコイ通りも徒歩で行ける距離なので、お勧めできるホテルです。

観光は別記事にしますね。

では。

タイ往復ならスクートの【Board Me First】が便利。

こんにちは。こうすけです。

サラリーマンの夏休みは短いので、休みが取れるとアジアばかり回ってしまいます。

その中で、2019年5月にタイに行った際に利用した、スクート航空のBoard Me Firstが便利だったので、ご紹介します。

スクート航空は、タイ、中国等アジアを中心に就航している格安航空になります。日本だと、札幌、東京(成田)、名古屋、大阪、福岡、と主要都市に就航しているようです。

Board Me Firstとは?

こちら、スクートの優先チェックイン、優先搭乗サービスになります。

優先チェックインでは、空港のチェックインカウンターで、エコノミーではなくビジネス(スクートビズ)のカウンターが利用できます。

成田の場合、タイへ出国する方とタイへ帰国する方でエコノミーカウンターはだいぶ混雑します。特に、荷物の重量制限等でスタッフと押し問答始まると、だいぶストレスなので、こちらの利用をお勧めいたします。

優先搭乗は、出国後エリアで飛行機への搭乗が始まった場合に、エコノミーより優先して搭乗できるサービスです。こちらも、サクッと搭乗して座席で離陸を待てるので便利です。

ちなみに、搭乗順位は

お体の不自由な方>スクートビズ=Board Me First>エコノミー後部>エコノミー前部

でした。

成田空港でウェブチェックインを利用する場合は不要

実は、成田から出国する場合はもっと早い方法があります。それは、「手荷物無し、かつ、ウェブチェックイン」です。

こちらは、僕のようにリュック一つで旅行に行く人向けになりますが、ウェブチェックインをすることで、航空会社のチェックインカウンターすら通さずに(!)出国手続きにいけます。

ぼくも今回初めて利用しましたが、スムーズで驚きました。

※ウェブチェックインはこちらから。(ページ下部のリンクからどうぞ)

ウェブチェックインをするとBording Passが送られてくるので、そちらを印刷して、直接、セキュリティチェック⇒出国審査へと向かえます。

では、よい旅を。

タイのワニ園に行きました。【2018年7月】

2018年7月に夏休みを利用してタイ旅行した際にワニ園に行ってきたので、ご紹介します。

正式名称は、「サムットプラカーン・クロコダイルファーム・アンド・ズー」というそうですが、長いのでワニ園と呼びます。

 めちゃくちゃワニがいる。

ワニ園のワニ
ワニ園

めちゃくちゃワニがいました。ただ日中熱いせいか、アクティブに動き回っている奴はあまりいませんでした。それでも、水に入ったり出たり泳いだり動きはあります。

人が死んでる。

地元民がワニの池に飛び込んで亡くなられているようです。こいつら、こんなダラダラしてるくせに、エサが来ると我先に奪い合うのか、と思うと緊張感がありますね。

ミニスタジアムでのパフォーマンス

ワニとパフォーマー
ワニとパフォーマー

小さな池を囲むように座席が用意されたミニスタジアム(?)があり、口を開けたワニに腕や頭を入れる有名なパフォーマンスをやってくれます。

チップを池に投げ入れると、こちらにワニを向けてくれたり、シャッターチャンスをくれます。

ツアーに組み込まれているのか、ぼくが行ったときは中国人観光客が多く、パフォーマーも中国語でチップのおねだりをしていました。

ほかの動物もいる。

象スタジアム
象スタジアム

アンドズーというだけあってほかの動物もいます。トラや象やへびやら。

行き方は?

BTS Sukhumvit Lineの終点(※)Bearing(ベーリング)からバイクタクシーで行きました。

※2018年時点では拡張工事中で、一番端っこがBearingでしたが、今はもっと先まで開通しているかもしれません。その場合、もっと楽に行けると思います。