【LCC】スクート航空で台湾に行ってきました。

こんにちは。

週末と平日を利用して台湾に行ってきたのでレポートします。

スクートのおすすめの席もご紹介します。

今年3回目のスクート航空。

またしても、スクート航空で行ってきました。スクート航空はシンガポール航空子会社のLCC(格安航空会社)になります。

今年は、バンコクへ2回スクート航空を利用しており、3回目の搭乗となります。

・往路:成田12:05時発~現地14:50時着

・復路:現地6:40発~成田11:05着

時差1時間ありますので、片道4時間のフライトです。

金額は、往復合計で、26,647円でした。(片道13,000円!!!)

ただし、僕は座席指定やBoardMeFirstのオプションをつけているので、航空券のみならもっと安いです。

具体的には、

・往復航空券:21,547円

・座席指定:1,500円×2(往復)で3,000円

・BoardMeFirst:500円(片道のみ) ※BoardMeFirstに関してはこちら

・クレジット決済手数料:1,600円

になります。実家に帰るより安いです・・・

※クレジット決済手数料は、2019年9月23日以降完全無料化だそうです。

成田ではここで時間をつぶす!

搭乗まで時間がある場合に、時間をつぶせる場所欲しいですよね?レガシーキャリアの上位クラスをお持ちであればラウンジ利用も可能ですが、LCCでは当然使えません。

そんなときは、【NARITA SKY LOUNGE 和】がいいですよ。第2ターミナルの本館と別館の間の通路にあるフリーのソファスペースです。

横になれるソファやコンセントがあって時間を過ごせます。午前便であれば混んでいて座れなかったということもないですね。

成田1
成田1

付近にカフェもあるのでコーヒーでも買ってゆっくり搭乗時間を待ちたいところです。注意点としては、カフェのストローが紙(!)なので、時間がたつとへにゃへにゃになってしまうことです。笑

BoardMeFirstはやはり最高。

今回は、帰りのフライトでしかBoardMeFirstを取っていなかったのですが、少し後悔しました。次項で説明しますが、スクートは10列目までの席がお勧めになります。

しかし、スクートは後列から順に登場させられるので、前の方の座席の人は搭乗が最後になります。乗客を乗せずに飛び立つことはないので、座って待ってればよいとも言えますが、サクッと搭乗して席で睡眠体制を整えたいですよね?

その場合は、オプションでBoardMeFirstを買っておいてください。スクートプラス(最前列の上位席)と同じタイミングで搭乗できます。僕は何回か1番目で搭乗していますが、さっさと荷物を棚に入れて寝る準備できるので楽ですよ。

スクート航空のおすすめの席

空港で何が厄介かって、現地での入国審査ですよね? ここで並んで何分も待たされるのがストレスであることは異論ないかと思います。ここを短縮する方法はないのですが、最短でたどり着く方法はあります。

思うに、最短で飛行機を降りて最短で入国審査の列に並べば、少なくとも同じ便の人の中では、最短で入国できるわけです。

スクート航空のタイ便と台湾便は同じ機体(Boeing787)なんですが、スクート航空の運用上、搭乗口より前の座席の乗客から降ろされます。この機体では搭乗口は10列と11列の間にあるため、10列目より前の乗客から降ろされます。

11列目の乗客はどんなに入り口が近くても10列目までの乗客が下りるまで降りれません。さらに、1~5列はスクートプラスの席なので、エコノミーで早く降りれるのは6~10列目の座席の乗客になります。

この辺りの座席を抑えることでスムーズに入国審査へ向かえるでしょう。ちなみに、今回の台湾往復では、往復どちらも10D(搭乗口最寄の席!!)をとっており、降機1番かつ同便の乗客の中では1番乗りで入国審査へ行きました。

ただし、僕は機内持ち込みリュック1つでしたので、預入荷物がある人はそれが出てくるのを待つ必要があります。

台北で人生初空港泊。

今回の旅行の復路は朝6時発だったのですが、これに間に合うように市内から空港に行けるMRTはないのです。桃園付近でホテルを取ってみてもよかったのですが、なんとなくもったいない気もしたので、人生初の空港泊にしました。

こちらの記事に写真がありますが、マジでこんな感じでした。笑

僕は運よくソファを取れましたし、コンセント(通常とUSB)もあったので、Youtubeを見たり、ネット見たりして過ごしました。

ただ、やはり寒いので、防寒具は持っておきましょう。ぼくは羽織るものなかったので、旅行に持って行っていたTシャツで腕や足をくるんでいました。笑

強者は毛布持ってきていました。(普通、旅行にもっていかなくね?)

飛行機が飛ぶかのチェック方法

実は今回台風直撃でして、12時~6時前の便はほぼ欠航していました。おそらくそのせいで空港は混雑していたと思います。

欠航便のチェックは、桃園空港のサイトから可能です。(こちら

これめちゃ便利ですよね。ぼくも、こちらを確認しながらひやひやしていました。

おわりに

旅行記なのに、行きの空港と帰りの空港の話しかしてないですが。笑 じつは滞在2.5日の間のうちほとんど雨だったんですね。台湾が雨季なのか台風の影響かわかりませんが、ずっと雨で萎えたので、そんなにいろいろ動き回っていません。。。

駅の混雑具合とか、エスカレーターの片側に寄る習慣とか、街並みとかほんと東京だなって印象です。都内のあんま知らない駅で降りてみた時みたいな、知らない街だけど見慣れた街並み、みたいなのが台北でした。

旅初心者さんとか初めての一人旅にはいいかと思います。異国感を味わいたければもっと南下したほうがいいですね。

では。