タイ往復ならスクートの【Board Me First】が便利。

こんにちは。こうすけです。

サラリーマンの夏休みは短いので、休みが取れるとアジアばかり回ってしまいます。

その中で、2019年5月にタイに行った際に利用した、スクート航空のBoard Me Firstが便利だったので、ご紹介します。

スクート航空は、タイ、中国等アジアを中心に就航している格安航空になります。日本だと、札幌、東京(成田)、名古屋、大阪、福岡、と主要都市に就航しているようです。

Board Me Firstとは?

こちら、スクートの優先チェックイン、優先搭乗サービスになります。

優先チェックインでは、空港のチェックインカウンターで、エコノミーではなくビジネス(スクートビズ)のカウンターが利用できます。

成田の場合、タイへ出国する方とタイへ帰国する方でエコノミーカウンターはだいぶ混雑します。特に、荷物の重量制限等でスタッフと押し問答始まると、だいぶストレスなので、こちらの利用をお勧めいたします。

優先搭乗は、出国後エリアで飛行機への搭乗が始まった場合に、エコノミーより優先して搭乗できるサービスです。こちらも、サクッと搭乗して座席で離陸を待てるので便利です。

ちなみに、搭乗順位は

お体の不自由な方>スクートビズ=Board Me First>エコノミー後部>エコノミー前部

でした。

成田空港でウェブチェックインを利用する場合は不要

実は、成田から出国する場合はもっと早い方法があります。それは、「手荷物無し、かつ、ウェブチェックイン」です。

こちらは、僕のようにリュック一つで旅行に行く人向けになりますが、ウェブチェックインをすることで、航空会社のチェックインカウンターすら通さずに(!)出国手続きにいけます。

ぼくも今回初めて利用しましたが、スムーズで驚きました。

※ウェブチェックインはこちらから。(ページ下部のリンクからどうぞ)

ウェブチェックインをするとBording Passが送られてくるので、そちらを印刷して、直接、セキュリティチェック⇒出国審査へと向かえます。

では、よい旅を。

タイのワニ園に行きました。【2018年7月】

2018年7月に夏休みを利用してタイ旅行した際にワニ園に行ってきたので、ご紹介します。

正式名称は、「サムットプラカーン・クロコダイルファーム・アンド・ズー」というそうですが、長いのでワニ園と呼びます。

 めちゃくちゃワニがいる。

ワニ園のワニ
ワニ園

めちゃくちゃワニがいました。ただ日中熱いせいか、アクティブに動き回っている奴はあまりいませんでした。それでも、水に入ったり出たり泳いだり動きはあります。

人が死んでる。

地元民がワニの池に飛び込んで亡くなられているようです。こいつら、こんなダラダラしてるくせに、エサが来ると我先に奪い合うのか、と思うと緊張感がありますね。

ミニスタジアムでのパフォーマンス

ワニとパフォーマー
ワニとパフォーマー

小さな池を囲むように座席が用意されたミニスタジアム(?)があり、口を開けたワニに腕や頭を入れる有名なパフォーマンスをやってくれます。

チップを池に投げ入れると、こちらにワニを向けてくれたり、シャッターチャンスをくれます。

ツアーに組み込まれているのか、ぼくが行ったときは中国人観光客が多く、パフォーマーも中国語でチップのおねだりをしていました。

ほかの動物もいる。

象スタジアム
象スタジアム

アンドズーというだけあってほかの動物もいます。トラや象やへびやら。

行き方は?

BTS Sukhumvit Lineの終点(※)Bearing(ベーリング)からバイクタクシーで行きました。

※2018年時点では拡張工事中で、一番端っこがBearingでしたが、今はもっと先まで開通しているかもしれません。その場合、もっと楽に行けると思います。