iDeCo実績報告【2021年12月】

2021年からiDeCoの拠出を再開したので、その実績報告とiDeCoをお勧めする理由を書きます。

iDeCoとは

自分の老後の生活費を自分で運用して増やしておこうという私的年金制度です。高齢者の増加により、受け取れる年金が少なかったり、長寿化によりもらった退職金や年金では生活費が足りないということにらなないように、若い時から自分で自分の老後資金を用意する、そんな制度です。

ポイントとして
・拠出した分を自分で運用しないといけない。よってマイナスもあり得る。
・運用できる対象は限られている。
・増えようと減ろうと拠出した金額は、原則として、60歳まで受け取れない。
・税務上の優遇がある。(節税効果がある。)

iDeCoのメリット・デメリット

(メリット)

ずばり、節税効果です。iDeCoには3つの節税タイミングがあります。
一つ目は、拠出時。拠出した金額がその年の所得から控除されるので、その分その年の税金が減ります。僕のような会社員は、年末調整時に会社にiDeCoに拠出した金額の証明書を提出すると、還付の金額が増えます。
所得税率は累進課税なので、所得が大きいほど節税金額は大きくなります。
二つ目は、運用益が非課税になります。
三つめは、受け取り時の節税です。iDeCoは私的年金制度なので、当然60歳以降に受け取るタイミングが来ます。60代が老人かはさておき、iDeCoの受け取り方は、3パターンあります。一括か分割か両方化です。いずれの方法でも、受け取り時に所得として税金がかかりますが、所得控除を受けることが可能です。

(デメリット)

1.60歳まで引き出せないことです。例えば、毎月、2万円を30歳から60歳まで30年拠出したとすると、720万円必要です。これだけの金額が60歳まで動かせなくなる点は考え方によっては、デメリットでしょう。60歳までに大きな出費が必要でも、この拠出額は引き出せません。
2.投資対象商品が少ない。あくまで老後資金を各自で作るという背景のもと、リスクの大きな商品は除かれているようです。積極的な運用をしたい人には合わないでしょう。
3.基本的に、元本保証ではない。あくまで、投資なので価格変動リスクがあり、場合によっては元本割れもあり得ます。が、これはiDeCo特有のデメリットではなく、投資一般に言えることでしょう。(一部元本保証のものもあります。)

運用実績とポートフォリオ

さて、前置きが長くなりましたが、僕のポートフォリオです。再開した今年の拠出はすべて、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。
こちらに、20万7千円拠出しております。
数年前に、上場企業に勤務していた時に企業年金を拠出しており、その時の拠出額と合わせて、トータル拠出額は44万で、今の評価額は63万円なので、+19万円、という感じです。
まー最低でもあと20年ちょいしないと引き出せないので、今時点の運用損益に関してはどうも思わないですね。

iDeCo
iDeCo

iDeCoを再開した理由

メリット1でも述べたように、その年の拠出額が所得控除を受けられる、というのが最大のメリットと思っています。
僕の場合、4~5万円程度年末調整での還付額が増えます。
その分をメインの投資に回せるからです。

長期的に資産を増やすには、税負担も極力軽いほうがいいので、月2万という生活に影響ない範囲でiDeCoを再開しました。

結論

iDeCoには、60歳までお金を引き出せないというデメリットはあるが、税負担を軽減できるというメリットは無視できないので、生活に影響ない範囲で少額から始めることをお勧めします。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です