コーチングを受けてみました。

こんにちは。こうすけです。

最近、『コーチング』を受けてみたので、コーチングとは何か、及び、実際に受けてみて感じたことを書きたいと思います。

コーチングとは?

ざっくりいうと、自己実現のための「手助け」であり、そのための行動を促すコミュニケーションを指します。(諸説あり)

具体的には、現状の悩みや集中力の妨げとなる”モヤっと”にたいして、コーチが様々な質問をしてきます。

その質問に考え答えていく中で、自分自身の考え方が明確になったり、自分でも気づいていなかった価値観が明確になったりします。

それにより各人の行動がうながされ、よりよい自分になるというプロセスのようです。

なぜ受けようと思ったのか?

ブロガーでYoutuberのアキオブログの動画が好きなんですが、アキオブログさんが自身の成長速度を上げるためにコーチングは有用、とおっしゃっていて興味を持ちました。

ちょうどその時、自分の中で、現在の仕事のこと、これからのキャリアのこと、とかで悩むことがありまして、だけど自分の中で答えを出せなくて、どうやれば答えが出るのかもわからなかったので、何か異なる刺激(となるような”問い”)を自分の中に入れることで、このモヤっとにブレークスルーが起きるのではないか、ということを期待して受けてみました。

受けてみた感想は?

明確に言語化できるレベルで自分が好きなことがわかりました。どうやら僕は、仕事の上では、「自分にしかないスキルで会社に付加価値を提供できていること」が好きなようです。

すなわち、会社に喜ばれても、それがほかの人でもできるような中身だと僕自身は満足できないようです。

この認識により二つの行動が変わりました。

一つは、”自分にしかないスキル”を獲得のため予備校に通い始めたことです。もちろんそれは目的ではなく手段です。会社における自分だけのスキルをもっと研ぎ澄ませたいのです。

二つ目は、少し心に余裕をもてました。僕のチームは経験値の低いメンバーで構成されているので、僕の付加価値はチームのレベルの底上げすることにもある、と僕自身は思っていたのですが、それはチームメンバーからすると余計なおせっかいだったのかもしれません。いつもあら捜しをしているように映ったかもしれません。上場してるわけでもないので、なるべく寛容に見守りたいと今は感じます。一方で、未熟なチームでは、海外も含めて拡大する会社の経理としての役割を果たせませんので、ほんとに口を閉ざしてよいものか、これは悩ましいところです。

継続しますか?

コーチングにより整理された考え方に納得し、行動が変わり始めるまで3週間ほどかかったので、月1とかのペースで適宜プラス1回とかであれば続けてみたい気がします。僕は1回目で考えが明確になりました。

ただ、例えば、今の僕のように、やるべきことが見定められており、淡々とこ行動するだけで、頭の中を整理する必要に迫られていない状況でもなにがしかの効果があるかはわかりません。

つまり、例えば、人生の中で順風満帆のときにコーチングを受ける必要があるのかどうかは不明なのです。なのでいったんは保留です。

が、多分12月くらいに再開しそうです。

モヤモヤっとの解決ツールとしては強いと思いますので、皆さんもぜひ、ゴールBコーチングうけてみてください。

ではまた。

 

経理とVBA。これから経理になる方へ。

こんにちは。こうすけです。

今日は経理のキャリアにExcel VBAがプラスである理由を述べたいと思います。

簿記6月試験も終わり、これから経理としてキャリアを積んでいきたい方も多いと思います。経理は収益部門ではないため、どの経営者も、経理のコストにはシビアだと思います。そんな中、ほかの経理より付加価値をつけてキャリアを積んでいきたい方へ、会計知識とともにVBAをお勧めいたします。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

VBAとは?

Excelの処理を自動化するプログラミング言語になります。Excel内のVBE(というエディタ)内でコードを書いて実行します。

VBA自体は他のOfficeソフトでも使えるようですが、経理の僕自身はエクセルでしか使ったことないですし、使えないです。今回はExcel VBAのみに関する記事です。

VBAが使えると、例えば、

  • 他のエクセルブックを開いて、数字をとってこれる。
  • イベントによって、アクションを起こさせることができる。
  • 特定の条件のときのみ作業をさせることが気出る。

などがあります。

マクロという言葉を聞いたことがあると思います。あれは、「開始」ボタンを押してから「終了」ボタンを押すまでの間のエクセル内のプロセスをエクセル自体に記憶させて、同じプロセスをボタン一つで再現できるようになる機能です。

このマクロ機能も、裏側ではVBE(というエクセル内のエディタ)にコードが記載されています。このマクロ機能とVBAが使えることの違いは①条件分岐と②繰り返し、ができません。

① 条件分岐とは、特定の条件のときのみプロセスを実行させることで、例えば、セルに数字があればコピーするけど、空欄だったら何もしない、とか、セルが130%以上のセルのみセルを黄色くする、とかです。もっといろいろできます。

② 繰り返しとは、例えば、全シートに同じ処理をするとか、特定のフォルダ内のすべてのエクセルブックを調べるとかです。回数指定もできます。もっといろいろできます。

マクロ(プロセスの記録)ではこの二つができないので、経理としてはあまりうまみがありません。VBAができるとこれらが可能になります。

経理が使えるとどうなる?

上記は、VBA一般のお話ですが、ここからは、経理がVBAができるとどんな作業が楽になるかを具体的に見ていきます。

1.予算管理

多くの会社が、PLを事業部ごとや商材ごとで部門管理しているかと思います。予算制度のある会社はたいてい、この予算作成フォーマットをエクセルで作っているはずで、しかも、かなりのシート数があるはず。

VBAが使えれば、各部に配布するフォームを作成する際に、マスタとなるPLフォームだけ作れば、それを部門数分増やせます。プログラムを作成しておけば、マスタとなるフォームに修正が加わっても、簡単にすべてのシートに反映できます。

また、各部門シートに当期の最新の実績値を反映させることも可能ですし、全シートの一覧表を作成して目次シートとし、そこに各シートへのハイパーリンクを貼って、目次と各シート行ったり来たりできるようにもなります。

さらに、この各シートを会計システムに取り込みやすい形に組み替えることもできます。

これらは、部門が(シート数が)5以下なら手作業でもできますが、50とか100になったら手でやってられないので、VBAのありがたみを感じられるでしょうう。

2.仕訳作成

最近は、便利なもので、銀行のサイトから入出金明細をcsvでダウンロードできたり、経費精算システムから明細がcsvでダウンロードできますよね。ところがこれらのデータはこのまま会計システムに取り込めません。かといって手打ちをしたくもありません。そこで、csvを会計に取り込めるフォームにVBAで組み替えればよいのです。

例えば、売上金の入金にしか使っていない口座があれば、そこへの入金はすべて売掛金の消込(預金/売掛金)となるようにVBAを作っておけば、日付ごとの入金仕訳が簡単に作れます。

3.月次資料

さて、月次が締まった後に経営層(会社の規模によって役員だったり、各部長だったり)に月次レポートを提出するかと思います。これは毎回数字は変わりますが、レイアウトや作成プロセスは基本的に同じはずです。

このプロセスも自動化できます。例えば、会計システムから出力したデータを一定のレイアウトに組みなおしてグラフ化する、とかを自動化できます。

 

冒頭でも記載しましたが、技術革新と経営者の思惑により経理の仕事は減らないが、経理の仕事に就ける人は少なくなる、ということが起こります。資格を取っても使える場所がない、ということが起こります。この椅子取りゲームに負けないようにしっかりと自分の仕事を勝ち取っていけるよう、付加価値の高い経理を目指しましょう。

さて長くなってきたので、どうやってVBAを勉強したらよいか、はまた今度書きたいと思います。

おやすみなさい。

関連記事:RPAすごすぎる。経理はますます少人数制へ。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

夏休み旅行記①~ホーチミン~

夏休みを利用して、初のベトナム(ホーチミン)を旅行してきたので、その感想を書きたいと思います。今回はベトナムまでの飛行機と滞在中のホテルです。観光は別記事にしました。

移動はベトジェットエア

ベトジェットエアというLCCの成田~ホーチミン線で行ってきました。こちら2019年7月12日に就航したばかりの路線らしいですが、航空券自体は、3月に購入しており、なんと片道20,430円でした。

これ座席指定と機内食つきでです。機体は左右3列、通路1本の中型機でLCCよろしく、足元や隣の席との間に余裕はありませんでした。

ベトジェットエア機内食
ベトジェットエア機内食

ただ、ぼくは3列の通路側で隣に人がいなかったので、特に不自由は感じませんでした。

ベトナムの知人曰く、ベトジェットエアはよくディレイするそうですが、今回の成田~ホーチミン便でもチェックイン1時間、離陸1時間半程度の遅れが発生していました。着もそれに応じて遅れてました。

タクシーですりに合う

Grabでタクシーを呼びたかったのですが、日本では設定ができなかったので、いったんホテルへ行ってから設定することにし、空港から市内はタクシーを利用しようとおもいました。が、この運転手が曲者で、両替してなかった僕が悪いのですが、市内までの金額が足りないとわかると、米ドルでもいいと言い出し、米ドルはないと伝えると、日本円でもいいいくらあるんだ?財布を出せ、とまくしたててくるので、まだ善意を信じていた僕は、財布を渡してしまいました。日本円で相当額を抜いてくれると思っていましたが、彼は、米ドルはないのか。と財布を返してきました。不審に思った僕が中身を確認すると1万円がなくなっていました。「ファッ!!??」って態度をすると、シートの脇から1万円をソーリーソーリー的な感じで返してきました。

抜かれてるの全く気づきませんでした!!!

ID見せろ、警察の前で降ろせってごねたら、途中のガソリンスタンドでおろされました。みなさんも気を付けてくださいね。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港内でGrabの設定を強くお勧めします。

ベトナムコーヒーがうまい

知人に連れて行ってもらった市内のローカルコーヒーショップ

ベトナムコーヒー屋
ベトナムコーヒー屋

ホテル1泊目

滞在は2泊でそれぞれ異なるホテルを利用しました。

1つめは、M Boutique Hotel

(agodaのリンクはこちら。同じ日付同じホテルで見た場合アジアはagodaが最安値です。)

ホテルの部屋
ホテルの部屋

狭かったですが、清潔でアメニティも一通りそろっており、1泊5,355円でした。ダブルの部屋を指定したはずですが、シングル2台をつなげてありました。

コンセント位置は微妙でベッドで横になりながらいじることはできませんでした。

ホテルの食事
ホテルの食事

食事は、果物はベトナム感ありましたが、その他は標準的な洋食ブッフェでした。

ホテルの眺め
ホテルの眺め

立地は、中心街1区にあり、ホテルのレストランからはサイゴン川が見えます。

ホテル2泊目

2泊目は、Silverland Sil Hotel & Spa

(agodaのリンクはこちら。同じ日付同じホテルで見た場合アジアはagodaが最安値です。)

こちらは、1区日本人街のちかくにあり、1泊目のホテルからも徒歩10分くらいでした。

ホテルの部屋
ホテルの部屋

部屋は清潔で、1泊目より広かったです。ベッドの枕元にコンセントがあるのがありがたかったです。1泊5,614円でした。ホテルはSPA施設とジム施設がついており、日本人街も近くて食事には困りません。

また、ドンコイ通りも徒歩で行ける距離なので、お勧めできるホテルです。

観光は別記事にしますね。

では。

LINEにまでOCR(画像内文字認識)が搭載。入力のみの経理の仕事はなくなる。

こんにちは。こうすけです。

弊社は社内での情報ツールに結構LINEを使うのですが、カメラ機能にOCR機能がつきましたね。今日はそれに関して思うことを書きたいと思います。

OCRとは?

OCRとは、写真などの画像データ内の文字を認識してテキストデータにできる機能のことです。例えば、本や雑誌の1ページを写真に撮ったら、そのデータは各ドットの情報は持っていますが、文字や文章のテキスト情報は持っていませんよね。この画像内から「文字を認識」し、認識した文字列を「テキストデータ化」するのがOCRの機能です。

家計簿アプリとかで、レシートを写真に撮ったら、そこから店とか日付とか金額を読み取って自動で入力してくれる、って機能がありますが、それです。

何がやばいの?

これ、すなわち、「写真を撮ったら会計システム内に仕訳が起こる」って未来が近いことを意味してるんです!!

つまり、誰もがしたくない「手入力」という仕事が減っていくことが想定されます。

今は、取引が起きてから会計に仕訳が起こるまでの流れはおおむね、

取引発生

⇒ ①取引先が”紙の”納品書、請求書を発行する

⇒ ②請求書を受け取り、データ入力

⇒ ③データが会計に取り込まれる。

だと思います。

①では、紙ではなくPDFだったりしますし、PDFでもメールで送ってくるか、WEBからダウンロードするか、というパターンがありますが、基本、受け取ったデータをどこかの段階で「手入力」する必要があります。

(これは各会社により、営業サイドの仕事かもしれないし、経理の仕事かもしれません)

この「手入力」の部分を省力化できる可能性があるんです。こうなると、各社の単純作業中従事者は職を失うか、給与に強いダウンフォースが加わると思われます。

やっかいなのは手書きの請求書

単純入力作業は減らせはすると思いますが、ゼロにはならない気がするのは、しつこく手書きの請求書を送ってくる業者があるからです。

現時点では、手書きの請求書の読み取り制度が高くないので、手書きの請求書を入力し続ける作業は必要かもしれません。(なくなってほしいですが。)

経理の付加価値とは?

経理として生き残るには、機械に代わられない価値を提供できることが必要です。経理の価値とは、請求書を入力することではなく、「判断」をすること、にあります。例えば、1枚の請求書に関して経理は以下を判断します。

費用か資産か、原価か販管費か、科目は何か、税区分は何か、発生はいつか、部門はどこか、摘要に何を記載しておくべきか。

この”判断”を正しくできることが、経理の価値だと思うわけです。これには会計・税務の知識だけではなく、自社の各部門が何をしているか、どんな業務プロセスかまでしっかりと理解している必要があります。

経理の仕事は、外部から見るとデータ入力だけのルーティンで容易にテクノロジーで代替されそうですが、現状は、ルール付けはできるが、「理解と判断」はシステムでは難しい面があるため、上記のような「理解と判断」に関する業務をしている限り、当面は大丈夫なのではないかと感じます。

月額5万円からのRPAはこちら

正社員のキャリアアップはこちら

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

アルバイト探しはこちら

アルバイト求人情報マッハバイト

1日2回行くならドトールよりスタバの方が安い話。

僕はブログを書いたり本を読んだりするのに、近所のカフェに行くのだけれど、

高いと思って敬遠していたスタバが意外とコスパもよいことに気づいたので報告します。

それはずばり、ワンモアコーヒー+タンブラー持参 です。

スタバのドリップコーヒー ショートって290円(税込313円)なんですが、2杯目が100円(税込108円)ですよね。

一杯目のレシート下部に「One More Coffee ご案内」と記載があり、レシート持参で2杯目100円になります。

さらに、タンブラー持参で税抜価格が20円引かれます。

つまり、

1杯目:290円 – 20円(値引)の税込みで 291円

2杯目:108円 ※タンブラー割引ないです。

合計:399円(400円未満!!!)

となるわけです。

ドトールの場合コーヒーSが220円なので、1日二回行くと440円(税込)となりますね。

安いうえに、居心地もいいとなると、スタバに行くしかないですね。

One More Coffee は当日中しか使えないのでその点はご注意ください。

ただ、同じテンポでなくても使えます。

では、よいコーヒーを

ティップネスを退会してJOYFIT24に入会しました。

こんにちは。

19年7月で総合フィットネスのティップネスを退会し、24時間ジムのJOYFIT24に入会しましたので、感想を書きます。

JOYFITは、まだ1回しか行ってないのでファーストインプレッションになります。

なぜティップネスをやめたの?

理由は2つあって、一つは、営業時間です。ジムは家から近いですが、会社が遠いので、平日通うには早朝か深夜に利用できないとなかなか通いにくいのです。

二つ目は、混雑です。やはり、大手の人気フィットネスジムなので、初心者や中高年も通いやすいのでしょう。器具や広場、風呂が結構込みます。

パーソナルトレーニングよりも低価格で通える女性専用ジム【Runway】

平日夜も通えるのですが、同じような会社帰りジムの方が多いので、スムーズにやりたいトレーニングができず、時間が無駄になってしまいます。

その時その時で、空いてる器具を使えればよいという柔軟なスタンスの方には問題ないと思われます。

僕は、ほとんどやりませんでしたが、スタジオレッスンも大変にぎわっていましたよ。

ちなみに、月額は以下の通りです。

  • ティップネス:9,786円(税込) 平日夜と土日通えるプラン、オプションなし
  • JOYFIT 24:9,200円(税込)  キャンペーン終了後の月額利用料+安心サポート月額

JOYFIT24は、キャンペーン期間終了後の通常月の月額です。安心サポートは今のところ入り続けようと思っていますが、オプションから外すと540円安くなるので、ティップネスとの差額は1,000円になりますね。

通える時間の自由度を考えるとJOYFIT24にお得感を感じますね。スタジオプログラムに積極的に通われる方には、ティップネスも十分お得な額だったと思います。

ティップネスでもう少し安いスタジオ利用なしプランができたら再考します。(笑)

なぜJOYFIT24か?

これは単純にティップネスの次に家から近かったからです。徒歩でティップネスは5分、JOYFIT24は6分でした。あと、通うタイミングを24時間から選べる点と、そこからの月額のお得感です。

実際のところは?

本日1回目を終えてきましたが、だいぶ満足しております。店内は清潔ですし、においもいいです。混みすぎていないのも良かったです。

ストレッチスペース、マシン、ランニングマシン、ウェイト、パワーラックと一通りありました。たぶん、まあまあ新しい店舗なのでもろもろきれいです。

客層は、男女半々で、ぼくが行ったときは、筋トレガチ勢はいなくて、健康維持で適度に体動かしたいって感じの客層でした。(それもよい。)

不安要素はこれだ

まだ、1回目しかいっていないので、これから確かめていきたいともいますが、平日夜はやはり会社帰りの方で混むそうです。

あと、見学時にしか見てないですが、シャワールームが臭かったですね。トレーニングスペースはいい匂いなので、シャワールーム何とかしてほしいですね。

ま、家近いんで、家で浴びれるのでいいですが。。

今後の利用方針

平日2回、土日1回くらいのペースで通おうと思っています。平日1回は、早朝帯(5~6時)で有酸素とかしたいですね。あと、安かったので、パーソナルも試してみたいです。

また報告します。

パーソナルトレーニングよりも低価格で通える女性専用ジム【Runway】