現金を卒業して、キャッシュレスに入学した。

キャッシュレス化の波に乗って、現金を卒業してみました。

具体的には、19年3月から現金の使用をやめてみました。

とは言っても、もともと日常利用(食品、コンビニ)にはnanacoやEdyの電子マネーを使用し、高額の買い物(海外旅行、家具家電)はネットで決済していたので、それほど大きな変化はなかったような気がしますが、詳細を下記します。

今使っている決済手段

というわけで、今は以下の決済手段で生活しています。

  • 電子マネー(iD、QUICPay) ※nanaco、Edyはかさばるのでやめました。
  • デビットカード(Sony Bank WALLET)※デビット機能付きのキャッシュカード
  • クレジットカード(Mastercard)
  • QR決済(PayPay、楽天ペイ) ※クレジットカードに紐づき
  • アプリ(ドトールアプリ、スタバアプリ)※クレジットカードに紐づき

優先順位は?

優先順位は、電子マネー>クレジットカード>QR決済 になります。

決済端末にかざすだけででよいので電子マネーはやはり便利です。クレジットカードは店員とのやり取り(カードの手渡しや端末への差し込み)が発生するので、少し面倒ですね。

QR決済はアプリの立ち上げと金額の打ち込み(!)があるので、めちゃくちゃ手間です。その店に他の決済手段がない場合のみ利用します。僕の場合は、オリジン弁当です。現金とPayPayしか使えない。笑

(要望)androidの長押し(iPhoneの3Dタッチ)でアプリから、QRのスキャン画面や金額入力画面に直ちに飛べるようにしてください!!!

ですので、メインは、クレジットカードについているiDを最も多く利用しています。

財布にカードをたくさん入れたくないので、nanacoとEdyは持つのをやめました。ポイント還元率は、nanacoよりオリコカードについているiDの方が高いので、そちらをメインにしました。

ドトールとスタバはそれぞれ、クレジットカードに紐づいた支払アプリをスマホに入れています。

不自由はなし?

僕の日常生活では、スーパー、コンビニ、マック、いきなりステーキ、ユニクロ、ドラッグストアとたいていどこでも上記のいずれかが使えるので、問題ないです。

ただ、ラーメン屋と銀だこは現金のみの店がありました。銀だこではほかの人に支払ってもらいました。笑

また、身内の小銭のやり取りも苦手ですね。誰かの送別で一人500円カンパ、とか、飲み会で、一人3000円とか。「現金ないんで。。」で断りやすくはありますが、、笑

あと、駅前で盲導犬の募金をやってたのですが、こういう募金系もダメですね。(犬はかわいい。)

結論

財布には、電子マネーiDつきのクレジットカードを入れておけば日常は問題なかったです。スマホがandroidなので、どーしてもこのカード1枚は手放せないのですが、iPhoneの方はApple Payにクレジットカードを登録しておけば、それもないかもしれませんね。

店舗様各位は可能な限り、電子マネーへのご対応をお願い致します。

(終)

タイのワニ園に行きました。【2018年7月】

2018年7月に夏休みを利用してタイ旅行した際にワニ園に行ってきたので、ご紹介します。

正式名称は、「サムットプラカーン・クロコダイルファーム・アンド・ズー」というそうですが、長いのでワニ園と呼びます。

 めちゃくちゃワニがいる。

ワニ園のワニ
ワニ園

めちゃくちゃワニがいました。ただ日中熱いせいか、アクティブに動き回っている奴はあまりいませんでした。それでも、水に入ったり出たり泳いだり動きはあります。

人が死んでる。

地元民がワニの池に飛び込んで亡くなられているようです。こいつら、こんなダラダラしてるくせに、エサが来ると我先に奪い合うのか、と思うと緊張感がありますね。

ミニスタジアムでのパフォーマンス

ワニとパフォーマー
ワニとパフォーマー

小さな池を囲むように座席が用意されたミニスタジアム(?)があり、口を開けたワニに腕や頭を入れる有名なパフォーマンスをやってくれます。

チップを池に投げ入れると、こちらにワニを向けてくれたり、シャッターチャンスをくれます。

ツアーに組み込まれているのか、ぼくが行ったときは中国人観光客が多く、パフォーマーも中国語でチップのおねだりをしていました。

ほかの動物もいる。

象スタジアム
象スタジアム

アンドズーというだけあってほかの動物もいます。トラや象やへびやら。

行き方は?

BTS Sukhumvit Lineの終点(※)Bearing(ベーリング)からバイクタクシーで行きました。

※2018年時点では拡張工事中で、一番端っこがBearingでしたが、今はもっと先まで開通しているかもしれません。その場合、もっと楽に行けると思います。