現金を卒業して半年たちました。

こんにちは。

3月に現金の使用をやめてから半年たちましたので、経過を報告しようと思います。

現金卒業とは

財布に現金を入れるのをやめて、可能な限り非現金決済に寄せています。

具体的には、

  • クレジットカード
  • ポストペイ型電子マネー(iD、QUICPay)
  • デビットカード
  • プリペイドカード(スタバとドトール)

のみで回しています。

カードが多いようですが、スタバとドトールのプリペイドカードはスマホアプリですし、iDとQUICPayもクレジットカード一体型なので財布はむしろ薄いです。

よかった点①:決済が早い。

これは、電子マネーとプリペイドカードアプリの場合ですね。

かざすか、バーコードを読んでもらうだけなので、お釣りを考えて小銭を出したり、お釣りを受け取るという手間がないので便利です。クレジットカードは読み方によりますが、店員にカードを手渡したり、サインしたり必要なら手間ですね。一方、コンビニでのIC決済(シュッてせずにカードを差し込むパターン)はだいぶ早くなりました。

よかった点②:財布が軽い、薄い

小銭とお札をなくしたので、軽いです。また、電子マネー一体型クレジットカードにしているので、カードも少ないです。そろそろ小銭入れのない財布を検討します。

よかった点③:ポイントがたまる。

現金で支払っていたものをクレジットに寄せるだけでポイント還元があるのでいいですよね。僕は、オリコカード・ザ・ポイント ゴールドを使っていますが、還元率は2%くらいいっています。(初年度だけと思いますが)

あとスタバもアプリだとStarbucks Rewardsというポイント制度みたいなのありますから、少しお得です。

スタバリワード
スタバリワード

よかった点④:管理が楽(超重要)

これは若干予想外のメリットだったのですが、マネーフォワードという家計簿アプリがかなりの決済手段に対応していて、すべての決済データを勝手に取得して家計簿を作成してくれます。

スタバやドトールのプリペイドカードすらも連携可能で、めちゃ楽です。

スタバリワード

マネーフォワード
マネーフォワード

それまでは、現金決済をちくちくアプリに手入力していたのですがそれもなくまります。

不自由はないか

ほとんどないですが、やはり、現金決済の店に行けないので、チェーンでないラーメン屋とかはいけません。

あと、送別の会費とか割り勘とかはどうしても現金になります。なので、1月に1回くらいは出金しています。

今後はもっとキャッシュレスになってコンビニで現金決済の人に待たされなくなってほしいなと思います。

 
年会費永遠無料のリクルートカード
 
年会費永年無料の楽天カード
 
マイルを貯めたい方におすすめはこちら。
【MileagePlus JCBカード】