ボディメイクにはパーソナルがちょっとおすすめ。

こんにちは。

通っている24時間ジムでパーソナルを受けてみたので、パーソナルがダイエットに有効であると感じる理由と感想を共有します。

ダイエットの基本は

①筋トレ(基礎代謝の増加)と②食事制限、だと思っています。筋トレをしない食事制限は不健康になりますし、筋トレをしても食事制限しなければ、痩せないです。(体がでかくなります) これらは両輪です。

僕は、週3回のジムと軽めの食事制限で体重を落としています。

マシンよりフリーウェイト

筋トレブログや筋トレYoutuberが様々な効果的な(?)筋トレ方法を紹介しています。回数やセット数、重量設定~姿勢などいろいろ言っていますが、これ一般人向けではない可能性があります。

というのも、彼らは週に5回も6回もジムに行く人たちです。ひどい(?)場合には1日に2回行ったりします。それくらい頻繁にジム通いする人は今日は腕の日、今日は背中の日、今日は脚の日、みたいに日ごとに鍛える部分を分けるのも効果があるでしょう。(これを”分割法”といいます。)

一方、僕らみたいに、週に2~3回しか通わない人はそれではいけません。

週2~3回のジム通いで分割法をしてしまうと、同じ部位を鍛えるのが1週間後になってしまいます。筋トレの効果は2~3日といわれているので、1週間も間隔を空けてはけてはいけないのです。

そこで、僕らが行うべきは1回のトレーニングで全身を鍛える方法です。(これを”全身法”といいます。)

全身法では、複数の部位を使う必要がある複合関節種目を効率的に取り入れるべきです。

具体的には、バーベルスクワット、ベンチプレス、デッドリフトなど、複数の筋肉を動員しなければならない種目を各トレーニング日のメインに据えるべきです。これらは、複数の筋肉を動員する上に重量を上げやすいので、効率的に全身を鍛えられます。

複合関節種目をメインに据えつつ、補足的にマシンやダンベルで個別部分を鍛えればよいでしょう。(肩であったり、腕であったり)

パーソナルでフォームを固めよう

ところが、初心者がフリーウェイトをするには、フォームの問題があります。

フォームが悪いと適切に筋肉に負荷をかけられないうえに、悪くするとケガのリスクもあります。なので、初心者は最初だけでも、必ず、専門家からフォームを学びましょう。

僕は、バーベルスクワット、ベンチプレス、デッドリフトのフォームをパーソナルで固めました。

軌道が固定されているためけがをしにくいといわれるマシンでも、僕は肩を痛めました。(多分椅子の高さとひじを引く高さが悪かった。)でも、ベンチプレスでは全然肩が痛くなく、しっかりと胸と肩前部に筋肉痛がきています。

最初はプレートを付けないバーだけでフォーム練習したのですが、これでも結構きついです。バーだけでも20kgくらいありますからね。

また、どのジムにも「このラックは俺のものだ!」といわんばかりのガチ勢がいますよね。ガチ勢もスタッフの前では長時間占有しないので、慣れの意味でもパーソナルトレーナーがいたほうがいいでしょう。

結論

ダイエットには筋肉の増強が必要で、筋肉の増強には多くの筋肉を動員する効率的なトレーニングが必要。

そのためには、フリーウェイトが良い。

フリーウェイトは技術的な要素があるので、最初は見様見真似よりもトレーナーを付けたほうが良い。

と感じました。

皆さんもボディメイクなら専門家に習いながらの方が見様見真似よりも確実だと思います。

パーソナルで最高の冬にしていきましょう!

 

↑こちらのパーソナルジムは、新宿、池袋、渋谷、五反田、恵比寿、目黒、横浜に店舗があります。

マンスリープランで月2回とか4回とかパーソナルを受けれるので、近くの24時間ジムに入会しつつ、定期的にこちらでパーソナルを受けるのが良いと思います。