UiPathを学ぶ

会社でRPA(UiPath)を導入したのですが、その使い方を学ぶために、公式のオンライン学習プログラムをやってみたので、共有いたします。

学習プログラム
学習プログラム

UiPathについて

UiPathはたくさんプログラムがあるのですが、メインは以下です。

UiPath Studio …業務自動化ロボットを作るツール

UiPath StudioX …studioの簡易版。機能が制限される代わりにより直感的にロボットを作れる。(と営業の方から聞きました、、、)

UiPath Robot …Studioで作ったロボを実行するプログラムです。

UiPath Orchestrator …複数のPCにインストールされたStudioやStudioXを管理するツール。ロボット一覧を確認したり、定時的にロボに作業させることができる。

基本的にStudio(StudioX)とRobotはセットで使いますが、販売代理店に見積お願いするとそれぞれのライセンス数で見積もりがいただけます。

弊社は小規模会社ですので、UiPath Orchestratorの導入はしていません。

UiPath Studio開発 初級コース

初級コースは、基本的な操作方法、変数とデータ型、Excel操作、セレクターなどを学習します。

各項目の日本語のスライドで説明を受け、随所に5分程度のデモンストレーション動画があります。この動画が実際の作業手順を見れるので大変すばらしいです。各章の最後に選択式の問題があり、コースの最後に最終テストがあります。

コース時間は30時間で設定されていますが、僕は最終テスト合格までトータルで12時間くらいでした。

初級が理解できるかどうかは、変数とデータ型や制御構造(条件分岐と繰り返し)に関しての知識の有無にかかると思っています。

僕はVBAを学んだ際に学習していたので、すぐに理解しましたが、経理がRPAを学ぶ上ではここがキーになると思います。

エンジニアの方なら難なく通過できるレベルだと思います。

初級合格
初級合格

UiPath Studio開発 中級コース

中級コースは、主に、エラーと例外処理、デバッグの仕方を学習します。実務でロボットを自分で作ってメンテナンスして運用していくには、ここまで学びたいところです。

ここはプログラミング未経験の経理では結構理解が難しいところと思われます。

後半に実際に作ってみるというプロセスがあるので、トータル15時間くらいかかりました。

エンジニアの方は難なくこなせると思います。

中級合格
中級合格

RPAデベロッパー基礎プログラムを終了するには、上記に加えて、UiPath Orchestratorコースの終了がいるのですが、あくまで経理で自部門の運用しかないので、UiPath Orchestratorを使う予定はないので、スルーしました。

初級まででもおすすめ

RPA使ってて困るのは、ロボが特定のボタンやウィンドウ(これをセレクターという)をうまくつかめない(認識できない)ことがある点なんですが、これはセレクターをいじることで対応することになります。つまりロボに捜査対象を見つけさせてあげる。

初級コースにセレクターの解説が入っているので、管理系職種でRPA運用したい方は初級コースまで学習しておくのはありだと思います。

また、販売代理店が有料や無料の体験セミナーをやっていることもあるのでそちらへの参加もお勧めします。

ちなみに、UiPathにはお試し用のコミュニティエディションがあるので、無料で試せるのでぜひどうぞ。

では。

月額5万円からのRPAはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です